妊婦が牛乳を飲みすぎると赤ちゃんがアレルギーになる?管理栄養士が回答

妊婦が牛乳を飲みすぎると赤ちゃんがアレルギーになる?管理栄養士が回答

この記事では、「牛乳を飲みすぎると赤ちゃんがアレルギーになる?」という妊婦さんの疑問に管理栄養士が回答しています。関係性を示した明確なデータはないそうで、自己判断だけで牛乳や乳製品を極端に制限することはやめましょう、と伝えています。

妊娠中、おなかの赤ちゃんがアレルギーになることを心配して、牛乳を飲むことにためらいを感じてしまう人もいるようです。妊娠中に飲んだ牛乳が赤ちゃんのアレルギーに影響することはあるのでしょうか?

妊娠中、牛乳を飲んでも大丈夫?

妊娠中の牛乳の摂取と、赤ちゃんの牛乳に対するアレルギーの発症との関係性を示した明確なデータはありません。むしろ赤ちゃんへの影響を心配して、妊娠中にまったく牛乳を飲まないことで栄養のバランスが崩れることのほうが問題です。自己判断だけで、牛乳や乳製品を極端に制限することはやめましょう。


もしご主人やママ自身に何らかのアレルギーがあり、赤ちゃんへの影響が心配なときは早めに医師と相談しましょう。

カルシウム摂取のために1日1杯飲めばいい?

牛乳や乳製品に含まれているカルシウムは、体への吸収がいいので、妊娠中もしっかり摂りたいものです。しかし、妊娠中に必要なカルシウムを牛乳だけで補うことはできません。


たとえば小魚、大豆・大豆製品、青菜類とあわせた料理や、カルシウムの吸収を助けるビタミンDが含まれた食品と一緒に摂るようにしましょう。

関連記事:

ピックアップ

「最低だ…」公園でバイバイしたはずの子が家までついてきて… #放置子が勝手に家にいた話 3
「話なら…ホテル行く?」別れ話なのになぜ!?理由は…/相席で運命の人
わが子を叩いたり突き飛ばしたり…乱暴な子とは距離を取るべき!?
知ってる?【ユニクロ】オンライン限定サニタリーショーツがめっちゃ良き!