妊娠初期の症状と気をつけたいこと

妊娠初期の症状と気をつけたいこと

赤ちゃんができたかも……。そう気づくのは、多くの女性にとって幸せな瞬間でしょう。妊活など日頃ごろから妊娠を意識したり、基礎体温をつける習慣が身についていたりする人なら、早ければ3、4週ぐらいから気づくことも。生理が遅れて […]

赤ちゃんができたかも……。そう気づくのは、多くの女性にとって幸せな瞬間でしょう。妊活など日頃ごろから妊娠を意識したり、基礎体温をつける習慣が身についていたりする人なら、早ければ3、4週ぐらいから気づくことも。生理が遅れて、「もしかしたら」と思う人もいますね。
妊娠初期に体に表れる変化と注意したほうがいいことをお伝えします。

妊娠しているかどうかを確認しよう

妊娠したかも?と思っても、すぐに産婦人科行けない場合は、市販の妊娠検査薬で確認するといいでしょう。尿に含まれるホルモンの値を測り、妊娠しているか(陽性)、妊娠していないか(陰性)の判定をします。

妊娠検査薬で、陽性が出たら産婦人科で改めて検査してもらいます。妊娠5週を過ぎる頃から、超音波検査により、“胎嚢(たいのう)”という赤ちゃんが入った袋を確認できます。その後、赤ちゃんの心拍が確認されると、晴れて妊娠が確定となります。母子手帳をもらい、マタニティライフをスタートさせましょう。

妊娠初期は妊娠何週のこと?

妊娠期間は、赤ちゃんの成長とそれにともなう母体の変化によって、初期、中期、後期にわけられます。

妊娠初期…4週から15週
妊娠中期…16週から27週
妊娠後期…28週から40週

妊娠したばかりの妊娠初期と、妊娠後期の産まれる間近は、母子共に変化が激しく負担に感じることも多くありますが、妊娠中期は比較的過ごしやすいため「安定期」といわれることもあります。ただ、「安定期=ノーリスク」ではないので、無理は禁物です。俗にいう臨月とは、36週目以降のことを指します。

マタニティライフは、日々お腹の中で赤ちゃんが育っていくことを、実感できる幸せなひと時ですが、お母さんにはいろいろとつらい症状や不快感が出ることもあります。体に異変があれば、まず医師に相談してください。

では、妊娠初期における母体の変化と注意点を見ていきましょう。

関連記事:

ピックアップ

妊娠初期・中期・後期別の起こりやすいトラブルや病気
妊活中に知っておきたい子宮の病気と妊娠への影響
妊娠中期(16~27週)の変化に伴う5つの注意点
生理痛があるのは当たり前……ではない!?