3つの思い込みが、あなたをお金から遠ざける!?

3つの思い込みが、あなたをお金から遠ざける!?

ウォール街の金融マンも学ぶ、お金持ちになる心理学

「お金持ちになりたい」と願っている人はたくさんいます。
しかし、その一方で「お金を稼ぐには、ものすごく働かなくてはならない」「私がお金持ちになれるはずがない」と、「お金持ちになる」ことに対して自分自身の中で、無意識のブレーキをかけている人も多いのではないでしょうか。

お金持ちになれない人は?(photo by acworks/photoAC)

「お金持ちになるためには、まずは自分の奥底に眠る『潜在意識』に目を向けることが重要です」

長年、ファイナンシャル・プランナーとして活躍し、現在はマネーに関する情報発信やコンサルティングなどを手掛けている和泉昭子さんは、著書『お金持ちになる心理学』の中でこう述べています。

それでは、私たちの意識に潜む「お金」の心理について、あらためて考えてみましょう。

お金は汚い、悪いもの!?

日本では「お金」に関して深く考えたり、話題にしたりすることを、どこかタブーとする風潮があります。

お金は私たちの毎日の生活と切っても切れないものにも関わらず、家庭や学校教育による“お金のことばかり言うのはよくない”という考えや、メディアによって“お金持ちは悪い人”といったイメージが根付いているためです。

しかし和泉さんによると、お金持ちになりたければ、まずは「お金」についてしっかりと意識を向け、自分の心の奥底にあるお金に対するネガティブな思い込みや偏見などを、きちんと認識し、改めることが大切だとか。

というのも、人間は、過去の体験、経験による「こうしなくてはいけない」「こうあるべきだ」と潜在的に考えている思い込みである、「ビリーフ」に、知らず知らずのうちに行動を制約されてしまうからです。

お金持ちになりたいのであれば、まずはお金に対するイメージをマイナスからプラスに変えることが必要なのです。

関連記事:

ピックアップ

テレワークで「やるべき業務」がわからない部下に上司がすべきフォロー
【無料占い】2021年10月の運勢◆今野そめの12星座占い
R40|“おとな女子”がハッピーであるための5つの心得
共感力がない夫に脱力! 妻が陥るカサンドラ症候群とは?