更年期の症状を感じるのはいつから?30代後半から40代前半の「プレ更年期」世代も悩んでいる

更年期の症状を感じるのはいつから?30代後半から40代前半の「プレ更年期」世代も悩んでいる

30代半ばを過ぎて、今までと違う症状や不調があった時に、もしかして更年期?と思う女性は多いようです。ドコモ・ヘルスケア株式会社では、30代から50代の女性を対象に、更年期症状に関するアンケート調査を実施しました。その調査 […]

30代半ばを過ぎて、今までと違う症状や不調があった時に、もしかして更年期?と思う女性は多いようです。ドコモ・ヘルスケア株式会社では、30代から50代の女性を対象に、更年期症状に関するアンケート調査を実施しました。その調査結果から、35~44歳の「プレ更年期世代」が抱える更年期に対する不安や、更年期に対しての正しい知識を持っているかについてお届けします。

まだ更年期ではないのに更年期だと思っていることも

プレ更年期世代(35~44歳)に対して、更年期の症状について質問したところ、「症状がある」と答えた割合は33%でした。プレ更年期世代では、実際に更年期症状が出る方は少ないのですが、更年期の症状と似た症状から、自分は更年期だと誤解している可能性があるようです。

更年期世代よりも症状に悩んでいるプレ更年期世代

更年期の症状に「悩んでいる」もしくは「やや悩んでいる」と答えた割合が、更年期世代では55%なのに対し、プレ更年期世代ではその割合が61%と、更年期世代よりも高い結果となっています。さらに、「悩んでいる」と回答した人の割合だけをみると、プレ更年期世代では25%と、更年期世代の14%を大きく上回っています。
更年期に対しての漠然とした不安が、症状に対しての悩みにつながっているようです。

まだ自覚症状を感じていないプレ更年期世代でも、更年期について「不安に思う」「やや不安に思う」と答えた割合が58%という結果がでています。

しかし、「自覚症状はないが、これからが不安」と回答したプレ更年期世代に、「更年期の症状について、どのくらい知識があるのか」を確認したところ、対処法まで知っている人は26%にとどまり、残りの74%は対処法を知らないことがわかりました。

悩みながらも、更年期症状や対処法に対する知識が不足しているプレ更年期世代は、更年期への誤解や不安が生じていることがわかりました。

関連記事:

ピックアップ

妊娠初期・中期・後期別の起こりやすいトラブルや病気
妊活中に知っておきたい子宮の病気と妊娠への影響
妊娠中期(16~27週)の変化に伴う5つの注意点
生理痛があるのは当たり前……ではない!?