たとえ夫婦でもNG!関係悪化する絶対に言ってはいけない言葉4選

たとえ夫婦でもNG!関係悪化する絶対に言ってはいけない言葉4選

夫婦生活を続けていると、喧嘩をすることもあるでしょう。

喧嘩をしているときに感情的になって、普段なら言わない言葉を言ってしまうこともあります。

しかし、その中には今後、尾を引きずるような「絶対に言ってはいけない言葉」もあります。

どんなに頭にきても、以下の言葉は言わないように自制しましょう。

夫婦喧嘩で言ってはいけない言葉1.結婚しなければ…

「あなたとなんか結婚しなければよかった」のような言葉は言うべきではありません。

結婚そのものを否定するということは、「あなたに対する愛情は冷めました」といっているようなものです。

言われた側としてみれば、自分を否定されたと思ってしまうかもしれません。

夫婦間の信頼関係を損なうことにもつながってくるでしょう。

アドバイス:普段から気持ちを伝えること

別れる気がないのにこのような言葉を伝えてしまうのは、ちょっとしたことで我慢していませんか?

それが積もり積もってある日爆発してしまうのです。そうならないためには、もしちょっとした不満でもきちんと相手に伝えるべきです。

「こうしてくれたらもっと嬉しい」のような言い方をすれば角も立ちません。

夫婦喧嘩で言ってはいけない言葉2.家庭のことなんて見てない!

「家庭のことなんて見てないくせに!」これも夫婦喧嘩で言ってはいけない言葉です。

このセリフは相手の仕事が忙しく、家庭がおろそかになっているような場合につい口走ってしまうことが多いでしょう。

すると言われた側は、全く自分のやっていることを評価してもらえていないと感じます。

また夫から返す刀で「誰の稼ぎで食べていけてるんだ!」などと言われてしまうと、もう取り返しがつかないような場合もあるでしょう。

そうなるとお互いにますます気分を害しますし、自分が頑張っていることが全く評価してもらえない無力感に襲われます。

その結果、「この人とこれ以上一緒にいても……」という気持ちになってしまいます。

アドバイス:頑張りを認めよう

上記のようなケースは「普段自分の頑張りが認められていない」という不満があるのでしょう。

そこでお互いに感謝することが大事です。

働いて稼いでもらっていること、家庭のケアを自分の代わりにしてくれていることに関する感謝を言葉に出してみるとギスギスした関係を回避できます。

関連記事:

ピックアップ

意外と多い!年末年始にやってはいけないこと12選
2022年の厄年は何歳?厄除け・厄払いの全国神社マップ付き
【厄年だった人必見!】今さら人に聞けない「厄払いへ行く日・服装・料金」は?
【無料占い】2021年12月の運勢◆今野そめの12星座占い