妊娠中、温泉に入ってもいい?避けたほうがいい温泉や入浴の注意点を解説

妊娠中、温泉に入ってもいい?避けたほうがいい温泉や入浴の注意点を解説

この記事では妊娠中の温泉について、専門家監修のもと解説します。温泉入浴により、ストレスの発散や気分のリフレッシュが期待できますが、万が一のトラブルを避けるためにも、事前に注意点を理解しておくことが大切です。

赤ちゃんが生まれる前に夫婦2人きりの時間を楽しもうと温泉旅行を考える人もいらっしゃるようですが、妊娠中は温泉に入れないと聞いたことがある人も多いのではないでしょうか? 実際のところ、妊娠中は制限があるのか、温泉に入ってもよい場合、気をつけることはあるのかなどを詳しく見ていきましょう。

妊娠中の温泉入浴は問題ない?

妊娠中の温泉入浴が自宅でのお風呂タイムと差異がほとんどないことから、妊婦さんが温泉に入っても問題ないといわれています。特に入ってはいけない時期などもありません。

しかし、妊娠中の温泉がよくないと聞いた人が多いのも事実です。なぜ妊娠中に温泉に入ってはいけないといわれているのでしょうか。

●妊婦さんは温泉に入れないといわれている2つの理由

妊娠中(特に初期と末期)の温泉入浴がよくないといわれているのは、出血や流産、破水などのトラブルが心配されているためです。ただ、温泉に入ることが出血や流産、破水を誘発する原因になるという根拠はないとされています。

そして、これまで温泉法によって妊婦の温泉入浴が禁忌とされていたためです。環境省の依頼を受けて日本温泉気候物理医学会が調査した結果、妊娠中の温泉浴を禁忌としなければならない根拠が見つからず、2014年の温泉法が改定のタイミングで「妊娠中(特に初期と末期)の入浴は禁忌」の項目が削除されました。現在は法改定によって妊娠中に温泉に入ることは禁忌とされていません。それでも、法改定されたことを知らないため、今もなお、妊娠中は温泉に入ってはいけないという認識でいる人が多いことも、妊婦さんが温泉に入れないといわれている理由のひとつです。

妊婦さんが避けたほうがいい温泉はある?

妊娠中は妊娠していないときに比べると皮膚が敏感になりやすいです。全身がかゆくなる妊娠性掻痒症(そうようしょう)や湿疹などができやすいため、もともと肌が敏感という人は刺激の強い温泉や、泉温が高い温泉は避けたほうが無難です。

●妊娠中に避けたほうがよい温泉の泉質
温泉は、温泉水に含まれる化学成分の種類と化学成分量によって10種類に分けることができます。

<温泉の種類>
① 肌への刺激が少ない「単純温泉」:岐阜県の下呂温泉など
② 日本の温泉の泉質で比較的多い「塩化物泉」:静岡県の熱海温泉など
③ 皮膚乾燥症などによいとされる「炭酸水素塩泉」:和歌山県の川湯温泉など
④ 飲むことで便秘解消が期待できる「硫酸塩泉」:群馬県の法師温泉など
⑤ 炭酸の泡がさわやかで心地よい「二酸化炭素泉」:大分県の長湯温泉など
⑥ 酸化で赤褐色の温泉水に変化する「含鉄泉」:兵庫県の有馬温泉など
⑦ 殺菌効果がある「酸性泉」:秋田県の玉川温泉など
⑧ 時間が経過すると黄色く変色する「含よう素泉」:千葉県の青堀温泉など
⑨ タマゴの腐敗臭のような独特のニオイが特徴の「硫黄泉」:神奈川県箱根温泉郷の小涌谷温泉など
⑩ ごく微量の放射能を含む「放射能泉」:鳥取県の三朝温泉など

皮膚が普段以上に敏感になっている妊娠中は、塩分が主成分の②塩化物泉、硫黄が含まれる⑨硫黄泉、放射線を含む⑩放射能泉などの刺激が強い温泉は避けたほうがよいでしょう。

関連記事:

ピックアップ

「愛せるのか…」不安と葛藤があった特別養子縁組。わが子に会った瞬間、私は…【新しい家族のカタチ】
<SNSトラブル>「同情でいいねがもらえる!」コメントの影響でママがとんでもないことを…!?
<PTAトラブル>「転勤決まるまでPTAの役員できるでしょ?」ビシッと言われたママたちが…
<女性特有トラブル>「がんばれ!みんながついてる!」たくさんの応援をもらい…