妊娠報告のタイミングや伝え方は両親・義両親、友人、会社など相手別に!

妊娠報告のタイミングや伝え方は両親・義両親、友人、会社など相手別に!

この記事では妊娠報告の注意点などについて解説します。妊娠報告をする相手としては、両親や友人、会社の人などがあげられます。いずれは報告するとしても、すべての人に同じタイミングで報告しないといけないということはありません。人間関係や妊娠したことで与える影響の大きさで、妊娠報告の時期を見極める必要があります。

妊娠するということは、新しい命を授かることであり、とても喜ばしいできごとです。妊娠したことを早く伝えたい人、体調が落ち着いてから伝えたい人など、人間関係によってタイミングを選ぶ相手がいるはずです。しかし、自分の都合だけで妊娠報告をしてしまうと、それがトラブルの原因になってしまうことも。そこで今回は、両親・友人・会社別に、妊娠報告をするべきタイミングと伝え方、妊娠報告をするときの注意事項を紹介していきます。

妊娠報告をする時期はいつ?

妊娠がわかったときは、まず夫やパートナー、または最も信頼している人に伝えることが多いのではないでしょうか。いちばん身近な人には妊娠が分かったと同時に伝えることが一般的のようですが、ほかの人にはどうでしょうか?

妊娠報告をする相手としては、両親や友人、会社の人などがあげられます。いずれは報告するとしても、すべての人に同じタイミングで報告しないといけないということはありません。人間関係や妊娠したことで与える影響の大きさで、妊娠報告の時期を見極める必要があります。

会社へ妊娠報告する時期

働いている場合は、会社へ必ず妊娠報告をします。妊娠による体調の変化によって業務に支障が出たり、休むことが増えたり、場合によっては早めに産休に入らなければいけないことがあるからです。妊娠期間中に問題がなかった場合でも、いずれ出産のために必ず仕事を休むことになりますから、妊娠を最後まで秘密にしておくということはできません。

また、産休・育休を取得する人、退職を予定している人、そのどちらも産休に入る前までに仕事の引継ぎをしなければなりません。なかには引き継ぎに時間がかかるというケースもあるため、会社への妊娠報告は、妊娠が分かってから比較的早い段階で報告をする人が多くなっています。早めに妊娠報告をしておくことで、妊娠・出産で自分が抜けた後に会社に与える負担を減らすことができますし、つわりなどで体調が悪いときにも配慮してもらいやすくなります。

両親へ妊娠報告する時期

両親へ妊娠を報告するタイミングで悩んでいる妊婦さんも多くいるようです。自分の両親と夫の両親(義両親)の双方に伝える必要がありますが、一般的には両家のトラブルを起こしにくい同じタイミングで報告することが良いといわれています。しかし実際のところ、自分の両親には妊娠2カ月(妊娠4~7週)ごろの比較的早い段階で報告することが多いようです。一方、義両親の場合は安定期に入ってからの報告という人が多くなっています。

ただ、義両親であっても一緒に暮らしているのであれば報告するタイミングが早かったり、自分の両親でも疎遠になっている場合には報告が遅かったりなど、環境に合わせて報告する時期は異なる場合もあると思います。両親以外の両親戚に報告する場合は、安定期以降に伝えることが多いようです。

友人へ妊娠報告する時期

会社の場合は仕事への影響や自分の体調を考えたうえで早く妊娠報告をし、両親へは家族が増えることへの喜びの共有として早く報告することが多くなっています。しかし、友人の場合は妊娠報告をするタイミングが異なります。妊娠から出産までにはさまざまなリスクがつきものです。特に安定期に入るまでは流産の可能性もあります。そのため、友人の場合は流産のリスクが少なくなる安定期に入ってから妊娠報告をするのが一般的です。

会社や友人、両親戚への妊娠報告する場合、誰に伝えればいい?

妊娠報告は、早めに伝えた方がいい相手と、急いで伝える必要のない相手がいます。

どちらにしても、自分の都合だけでなく、やはりマナーが優先です。相手のおかれている環境を考えたうえで、伝えるべき相手を見極めることが大切です。

会社で真っ先に伝えるべき相手は誰?

会社に妊娠報告をするといっても、すべての人に同じタイミングで伝える必要はありません。最初に伝えるべき相手は、直属の上司です。早めに上司に伝えておけば体調が悪いときや妊婦健診で仕事を調整したいときに相談しやすくなります。同僚などに先に話してしまうと、自分の口から正式に伝える前に上司の耳に入ってしまうこともあり得ますので気を付けましょう。

上司のほかには、体調がすぐれないときにフォローしてもらうことが多くなる同僚にも早めに伝えておくのがベストです。ただ、フォローをしてもらう前提での妊娠報告は、相手に悪い印象を与えてしまうため、できる業務は変わらずに取り組んでいくという姿勢を忘れないようにしましょう。

両親以外の両親戚には誰まで伝える?

赤ちゃんの祖父母となる実の両親・義両親には、早めに伝えるという人が多い一方で、両親戚となると誰まで報告するべきか悩んでいる人も珍しくないようです。

きょうだいが両親と一緒に暮らしている場合は、両親と同じタイミングで伝えることもあるようですが、身内が不妊治療をしているなどの場合は報告するタイミングを考えた方が良いでしょう。

さらに、両親戚の場合は自分で報告せずに、両親から伝えてもらうというケースが多くなっています。体調不良や流産の心配がある場合は、安定期に入るまでは伝えずにいてほしいと両親にお願いしておき、安定期以降に伝えてもらうようにする方法もひとつの方法です。ただ、地域によっては両親戚にもしっかりと妊娠報告をするのがマナーとなっているところもあるため、事前に両親や夫などに確認しておきましょう。

友人への妊娠報告は誰まで伝えればいい?

友人への妊娠報告は、現在の付き合いの頻度や関係性によって異なります。特に仲のいい友人の場合は安定期に入ってから伝えることが多くなっていますが、それ以外の友人の場合には、安定期以降に連絡したり、会う機会があったときに報告するというケースもあります。

しかし、同じ友人グループ内で妊娠報告を受けている人と受けていない人がいる場合、自分で伝える前にほかの友人から妊娠したことが伝わり、関係がギクシャクしてしまうこともあるようです。このような心配がある場合は、報告を先にした友人に「ほかの人には後で自分の口から伝えるため、それまでは話さないで欲しい」とお願いしておくといいでしょう。

<ママ友への報告は必要?>

2人目以降の妊娠の場合、上の子どもの関係でママ友としての付き合いをしていることもあると思います。特に親しくしている場合は、子育てや妊娠中の相談相手として早めに伝えるという人も多いようですが、友人と同様に安定期に入ってから伝える人もいます。

もし、ママ友としてそれほど親しい付き合いをしているわけではない場合には、安定期以降またはおなかが目立ってきた時期をみて報告しても問題ありません。深い付き合いをしていないママ友の中には不妊治療をしている人もいるかもしれないので、あえて自分から妊娠報告はしないという選択もあります。

関連記事:

ピックアップ

<金銭トラブル>「会社辞めた」100万円振り込んだのに連絡がない…!?不安の中、夫がまさかの…
夏にやりがちなNG!保育士が実は困っている保護者の対応をチェック!子どもたちの夏を快適に♪
<ヤバ過ぎる義母>「料理はお任せするわ、でも…」義母のわがまますぎる要望に嫁がとった行動は…
「誰!?」デート現場に現れた超絶イケメン。正体はなんと…