抱き上げるたびに激痛が…!新米ママの私を襲った手の痛み【体験談】

抱き上げるたびに激痛が…!新米ママの私を襲った手の痛み【体験談】

初めての育児で慣れない動作を繰り返し、手を痛めてしまったママの体験談を紹介しています。助産師さんのアドバイスにより、赤ちゃんを抱き上げるときのコツを掴んでからは痛みが軽減していきました。

無事出産を終え、始まったのは昼夜問わない数時間おきの授乳。私は助産師さんに習ったとおりに、重たいわが子を一生懸命支えておっぱいを吸わせていました。しかし、慣れない動作を繰り返すうちに、気がつくと「あれ? 手が痛い……」。産後の傷の痛みではない、予想外の痛みと戦うことになりました。

兆候は産後入院中から

3,850gの大きな赤ちゃんを、なんとか無事出産した私。いよいよママとなったものの、お産も初めてなら授乳も初めてで、右も左も分かりませんでした。助産師さんから、どんな風に赤ちゃんの頭と体を支えるのかを教わった私は、ぎこちないながらもそれをまねて授乳を開始。

「うちの子は重たいし、手首に負担がかかるなあ」と思いながら、おっぱいをあげていました。

手首と親指の付け根が痛い!

退院後、母や夫の手を借りながら新生児のお世話に励んでいた私ですが、授乳、抱っこ、おむつ替え……と、どうしても手を使う機会は多いもの。 だんだんと違和感が大きくなり、退院後2週間のころには手首と親指の付け根が強く痛むように。特に赤ちゃんを抱き上げるときが激痛で、「いたたたた! 」と声が出るほどでした。

とりあえず湿布や市販のサポーターを試してみましたが、痛みは多少マシになる程度でした。

関連記事:

ピックアップ

「えっ…そのまま!?」女子校での習慣のまま過ごしていたら…友人が仰天!
「先生、私、生理に…」まさかプールでの授業中に!どうしていいかわからず…
「何を入れてる?」意外と知らない他人の生理用ポーチ。中身をこっそり紹介!
「持っていって!」30年以上前の物まで…いらない不用品を押し付けてくる義両親にモヤモヤ!