産後ママに花を/ニコライ バーグマンさん(インタビューvol.1)

産後ママに花を/ニコライ バーグマンさん(インタビューvol.1)

ニコライ バーグマンさんのインタビュー企画第一弾をお届けします。

日本で最も活躍するフラワーアーティスト、ニコライ バーグマンさん。箱の中に花の世界を表現した「フラワーボックス」を考案するなど、世界のフラワー業界に新風を吹かせ続けてきました。そして今、ニコライさんが提案するのは、ママとべビーに贈る「親子ブーケ」です。祖国デンマークに伝わる愛情深いこの習慣を、日本でも広めたいと考えているそうです。第1弾の今回は、親子ブーケやニコライさんが考える花の美しさについて話を伺いました。

デンマークでは誰もが贈る「親子ブーケ」

Q・「親子ブーケ」はデンマークの出産祝いとして根付いている文化だそうですね。

A・そうですね、僕が育ってきたデンマークでは誰でも知っています。大きいブーケと小さいブーケがリボンでつながったものを「親子ブーケ」と呼んでいます。2つのブーケをつなぐリボンは、お母さんと子どもの絆、繋がりを表現しています。

誰から誰へ贈るもの、と決まっているわけではないんですけど、子どもが生まれたときに、パートナーが病院へ持って行ったり、近い家族や友人がおうちに届けたりする出産のお祝いです。街のフラワーショップで、みんなが普通にオーダーしますよ。僕がデンマークでフラワーショップをやっていたころ、たくさんオーダーを受けました。アレンジメントやブーケと同じくらいメジャーなものですね。サイズや価格は様々で2〜3輪のベビー用ブーケとママ用ブーケをリボンで繋ぐこともあります。普通のフラワーショップでは女の子はピンク、男の子はブルーのリボンを使うことが習慣として多いですね。

ママが好きな花を。愛を伝えるかわいらしいギフト

Q・素敵な文化ですね。ぜひ日本のママたちにも受け取ってもらいたいですね。

A・とってもかわいいギフトでしょう! 贈る意味合いも深くてかわいらしいし、愛を伝えるツールの一つでもありますよね。日本で花の仕事を始めた時からずっと「デンマークでは親子ブーケは当たり前なのに……」って感じていました。この習慣が日本にも広まったら素敵ですよね。たくさんの人に親子ブーケの存在を知ってもらいたいです。

Q・親子ブーケでの花選びで大切なことって何ですか。

A・お母さんの好きな花を選んであげることが大切です。出産で一番がんばったのはお母さんですから。そういう意味でも価値あるギフトだと思っています。出産祝いというと、子どものための洋服や物を贈ることが多いですけど、親子ブーケはお母さんと子ども、両方のことを考えて贈ります。

色については子どもの性別によってブルー、ピンクが基本となりますけど、白×グリーンとか、オレンジ×黄色っていうのもよくあります。それから、お母さんと子どもを表現する大きいブーケと小さいブーケを置いた瞬間のかわいらしさやバランスも、大切にしたいですね。

Q・デンマークと日本では、花に対する文化の違いはありますか。もっと花が身近な存在なのでしょうか。

A・そうですね。でも日本の女性も花好きの方が多いと感じています。ただ、ヨーロッパに比べると、花をギフトとしてもらう機会はそこまで多くないようですね。日本では「花=特別なギフト」という感覚が強いです。また生け花の文化がありますが、花を「丁寧に扱う」という特別な感覚がありますよね。木曜、金曜の週末、「自分に買って帰ろう」という習慣はあまりないように思います。デンマークでは花はもっと身近な存在で、「週末、自分のために買って帰ろう」って気軽に買って行く人が大勢います。バラ10本、チューリップ10本といった季節の花が、スーパーやガソリンスタンドでさり気なく売っているほどなんですよ。

関連記事:

ピックアップ

<金銭トラブル>「会社辞めた」100万円振り込んだのに連絡がない…!?不安の中、夫がまさかの…
夏にやりがちなNG!保育士が実は困っている保護者の対応をチェック!子どもたちの夏を快適に♪
<ヤバ過ぎる義母>「料理はお任せするわ、でも…」義母のわがまますぎる要望に嫁がとった行動は…
「誰!?」デート現場に現れた超絶イケメン。正体はなんと…