赤ちゃんとのスキンシップでママが大切にしたこと【体験談】

赤ちゃんとのスキンシップでママが大切にしたこと【体験談】

この記事では、赤ちゃんとのスキンシップでママが心がけたことを紹介しています。「たくさん抱っこをしてあげること」「コミュニケーションを一緒に楽しむこと」「『大好きだよ』とたくさん伝えること」だそうです。

赤ちゃんとのスキンシップ。赤ちゃんがまだ小さいころはあまり反応もなく、どうしたらいいか悩んでしまうママやパパもいるのではないでしょうか。でも、赤ちゃんが成長するとともに親も成長していくもの。私自身も不思議とコツがわかっていきました。今回は、私の育児経験をもとに、赤ちゃんとのスキンシップで心がけたことを3つお伝えします。

たくさん抱っこをしてあげること

赤ちゃんとのスキンシップで心がけたことのひとつは「たくさん抱っこをしてあげること」です。昔は抱きぐせがつくからとあまりすすめられていなかった抱っこですが、現在では反対に「たくさん抱っこしてあげてください」と指導されることも多いと思います。私も、抱っこが一番のスキンシップだと感じています。

わが家の子どもたちも、抱っこやおんぶをしている間は安心して落ち着いているようでした。また、これは子どもが大きくなった今も変わりません。忙しくても、子どもたちが甘えたいときには抱っこをしてあげるように心がけています。

コミュニケーションを一緒に楽しむこと

もうひとつ大切にしていたことは、「コミュニケーションを一緒に楽しむこと」です。たとえば、赤ちゃんのおむつ替えのとき。「1、2、1、2!」と、笑顔で声をかけながら赤ちゃんの脚を動かしたり、くすぐって笑い合ったり。

そうすることで、私の表情を見たわが子は、より反応をみせてくれたように思います。「いないいない、ばあ!」もそうですが、オーバーリアクションでコミュニケーションをとると、よく笑ってくれていました!

関連記事:

ピックアップ

<危なかった出産>「え?何事?」みるみる表情を曇らせた助産師さん…。医師に伝えるって、何を!?
<ヤバイ義従姉>「もっと飲んじゃお♡」義従姉と密室に2人きり。まんまと義従姉の誘いにのせられて…
<SNSトラブル>「通報しないでぇ!」SNSで無断転載したことを責めれママが驚愕の行動に…!?
「無意識に漏らしてるのかも!?」何度も謎のシミ。病気を疑うも実は…