花の力で心を充電/ニコライ バーグマンさん(インタビューvol.2)

花の力で心を充電/ニコライ バーグマンさん(インタビューvol.2)

ニコライ バーグマンさんのインタビュー企画第二弾をお届けします。

国内外で活躍するフラワーアーティスト、ニコライ バーグマンさん。第一弾ではデンマークの文化である「親子ブーケ」や、花の持つ美しさについてお話を伺いました。第二弾の今回は、ニコライさんご自身の親子ブーケの思い出や、「花のある暮らし」がもたらす影響について迫ります。10歳の男の子のパパでもあるニコライさん。奥様への思いも聞いちゃいました!

産後の妻に贈った思い出の親子ブーケ

Q・ニコライさんご自身も、奥様のアマンダさんが出産されたときに、親子ブーケを贈りましたか。

A・もちろん! 贈りました。あのときは妻が好きなブルーのアジサイに紫のバンダをいっぱいのせたブーケでした。12月のことでしたね。「自分の子どもが生まれた!」っていう特別なうれしさを込めて作ったブーケを、(妻が入院している)病院まで持って行ったことを思い出します。奥さんはオーストラリア人だから、親子ブーケという習慣を知らなかったので、「これがデンマークの文化だよ」って最初に説明したら、喜んでくれました。産後で疲れているときの生花のプレゼントはうれしかったようです。最近、日本の病院は生花の持ち込みを禁止しているところが多いようですけど……。でもやっぱり生花がいいですよね。香りや変化を楽しめますから。

Q・子育てを通して奥様のアマンダさんの存在をどのように感じていますか。

A・とてもリスペクトしています。子どもはもうすぐ10歳になりますけど、教育についても先の先を考えている。僕は問題がある時に解決するタイプだけれど、彼女はいつも先の先を考えている。それは女性の強さ、お母さんの強さだなって思います。北海道のスキーの旅で出会って2005年に結婚して、今は結婚13年目になりますが、節目節目で花を贈っています。子どもが生まれたとき、母の日、クリスマス、結婚記念日……。でも毎週新しい花を家に入れているので、花の存在が普通になってしまっています。プレゼントとしてはそこまで大切に思われていないかもしれませんが(笑)。

デンマークに代々伝わる白いベビードレス

Q・デンマークでは、親子ブーケのほかにも特別な出産祝いの文化はありますか。

A・アメリカのベビーシャワーみたいな派手なイベントはないですけど、生後3カ月以内にキリスト教の教会で洗礼式があるんです。そのときに大きなパーティーを設けてみんながプレゼントを持って行きます。赤ちゃんは、代々伝わる白くて長いベビードレスを着るんです。僕のときは確か……ひいおじいちゃんか、ひいおばあちゃんのものでした。刺しゅうで名前を入れたりするんです。デンマークにはそういうかわいい習慣もあるんですよ。そのとき、必ずと言っていいほど家族の中で「誰があのドレスを持ってる?」って問題が出てくるんですけどね(笑)。日本の七五三と似ていますね。

Q・デンマークと日本では、子育て文化に違いはあると感じますか。

A・日本とヨーロッパの違いについて、話にはよく聞きますけど、時代もだいぶ変わってきていますからね。周りの人を見ていても、日本の男性もいろいろ子育てに関わっていると感じます。以前より男の負担がだいぶ増えたんじゃないでしょうか(笑)。デンマークは家族を大事にする文化で、男女の家事負担は同じというのが一般的な考え方です。というのも、デンマークは共働き文化ですから。お母さんの立場とお父さんの立場がそんなに変わらないんです。多くの人が生後3カ月で保育園に預けて、すぐ仕事に復帰します。共働きでないと生活できないんです。そういう背景の違いがあるので比べにくいですね。僕の母の時代からみんな仕事をしています。日本もそうなっていくと思います。

関連記事:

ピックアップ

<金銭トラブル>「会社辞めた」100万円振り込んだのに連絡がない…!?不安の中、夫がまさかの…
夏にやりがちなNG!保育士が実は困っている保護者の対応をチェック!子どもたちの夏を快適に♪
<ヤバ過ぎる義母>「料理はお任せするわ、でも…」義母のわがまますぎる要望に嫁がとった行動は…
「誰!?」デート現場に現れた超絶イケメン。正体はなんと…