お肉もパクパク食べる子に!好き嫌い克服法を離乳食のプロが教えます!

お肉もパクパク食べる子に!好き嫌い克服法を離乳食のプロが教えます!

この記事では、保育士であり、離乳食インストラクターの中田馨さんが、離乳食期のお肉の好き嫌い克服法をお話ししています。

こんにちは! 離乳食インストラクターの中田馨です。魚のように骨を気にせず調理することのできるお肉は、離乳食のお手軽食材ですね。でも「うちの子、お肉はすぐにベーッと出してしまうんですよ」というお話、よく聞きます。

私の2人の子どもも、お肉を食べてくれませんでした。心配なくらいに食欲旺盛の娘も、お肉はベーッと口から出すことが多かったですね。どうして食べてくれないのかな? ということも踏まえ、今回はお肉が苦手な赤ちゃんのママにアドバイスさせていただきます。

お肉はいつから食べられるの?

お肉とひと言で言ってもいろいろな種類がありますね。いつの時期からどのお肉が食べられるか、代表的なお肉でおさらいしてみましょう。

5~6カ月ごろ(離乳食初期)から……食べられません
7~8カ月ごろ(離乳食中期)から……鶏ささ身、鶏むね肉、鶏ひき肉
9~11カ月ごろ(離乳食後期)から……鶏レバー、牛赤身肉、豚赤身肉、牛ひき肉、豚ひき肉
1歳~1歳6カ月ごろ(離乳食完了期)から……合びき肉、鶏もも肉

お肉を選ぶときのポイント

スーパーにはいろいろなお肉が並んでいます。赤ちゃんの内臓は未熟ですので、脂肪分が負担になることもありますので、脂肪分が少ないものを選ぶといいですね。また、調理するときは、脂肪を取り除き、ミンチなどは湯通しすると安心して食べられます。

関連記事:

ピックアップ

<危なかった出産>「え?何事?」みるみる表情を曇らせた助産師さん…。医師に伝えるって、何を!?
<ヤバイ義従姉>「もっと飲んじゃお♡」義従姉と密室に2人きり。まんまと義従姉の誘いにのせられて…
<SNSトラブル>「通報しないでぇ!」SNSで無断転載したことを責めれママが驚愕の行動に…!?
「無意識に漏らしてるのかも!?」何度も謎のシミ。病気を疑うも実は…