また迷子?! 子どもが行方不明になりやすい3つのケース

また迷子?! 子どもが行方不明になりやすい3つのケース

この記事では、先輩ママたちの迷子体験談と子どもが行方不明になりやすいケースを3つ紹介しています。年末年始は特に要注意です!

年末年始は人混みに出かける機会が増えますよね。そうなると心配なのが「迷子」です。今回は、子どもを迷子にしないために気を付けたいことを紹介します。

先輩ママたちの迷子体験談

まずは、先輩ママに教えてもらった迷子の体験談をご紹介しましょう。

1)商店街で買い物中に4歳の息子が迷子に!後ろからついてきていたはずなのに、振り返ったら姿がありませんでした。いつも行っている場所でもちゃんと一緒に歩かなきゃと反省しました。

2)ショッピングセンターで、下の子をベビーカーに乗せて歩いていたら、上の子が突然走り出してしまい、あわてて追いかけましたが見失ってしまいました。

3)家族で動物園へ出かけたとき、息子がおばあちゃんと遊んでいる間に私はトイレへ。だけど、戻ってきたら息子の姿がありません。おばあちゃんは「あなたとトイレに行ったのかと思った」と……。きちんと「トイレに行くから息子を見てて」と伝えなくちゃダメですね。

ケース1:子どもから目を離してしまう

迷子になるケースはいくつかありますが、もっとも多いのは「親が子どもから目を離してしまう」ではないでしょうか。買い物に気をとられていたら子どもを見失ってしまったり、自分の後ろをついてきていると思ったらいなくなっていたり。大型商業施設などで子どもをひとりでトイレに行かせて、戻ってこれず迷子になってしまったケースもあります。

年末年始はどこへ行っても混み合います。いつも行き慣れている場所であっても迷子になることがあるので、いつもより注意して子どもを見ていましょう。

関連記事:

ピックアップ

「つわりは気のせい」傷つき、毎日つらかった私は妊娠をやめたいと思い自己嫌悪に。そして出産すると…
<人間関係トラブル>「責任取れる?」父親不明な子を妊娠中の婚約者がDNA検査を拒否し、脅しを…
<SNSトラブル>「もし可能なら…」妻が突然、義両親に娘のことで驚愕のお願いをすると義母が…
<卵巣のう腫破裂>「痛いっていうより…」初めての陣痛はまさかの感覚だった…!?