「パパがいるときに生まれてきてね!」とおなかに話しかけていたら…

「パパがいるときに生まれてきてね!」とおなかに話しかけていたら…

この記事では、第二子の出産予定日と夫の海外出張の日が重なってしまったママさんの体験談を紹介します。半信半疑でしたが、「〇日の土曜日か次の日の日曜日に生まれて~」と毎日おなかの赤ちゃんにお願いしていたら、本当に希望した日に生まれてきてくれたそうです。

第二子の出産予定日が夫の海外出張と重なるとわかったときから、おなかに向かって「〇日に生まれてね~」と話しかけ続けました。すると息子はママのお願いを聞いてくれたんです! その驚きのエピソードをお伝えします。

夫の出張と息子の出産予定日が重なる

第二子の出産予定日あたりに、よりによって夫の海外出張の辞令が出ました。妊娠9カ月に入ったころでした。海外といっても近場で、10日間の短期ではありましたが、「なんでよりによって出産予定日に!?」とちょっと恨めしく感じました。

また、第一子を出産したときの長時間の陣痛を思い出し、ひとりで耐えなければならないのか……と、日に日に不安がふくらんでいきました。

里帰り出産ではなかったので不安倍増

今回は長女の習いごとや保育園のこともあり、里帰り出産をしないと決めていました。

同じ県内に住む義母がわが家に1カ月くらい寝泊まりして、長女や産後の私の身の周りの面倒を見てくれることになっていましたが、陣痛が始まるタイミングによっては長女の保育園のお迎えが間に合うのかなど、いろいろと不安もありました。また、できれば夫に出産に立ち会ってほしいという希望もありました。

関連記事:

ピックアップ

「つわりは気のせい」傷つき、毎日つらかった私は妊娠をやめたいと思い自己嫌悪に。そして出産すると…
<人間関係トラブル>「責任取れる?」父親不明な子を妊娠中の婚約者がDNA検査を拒否し、脅しを…
<SNSトラブル>「もし可能なら…」妻が突然、義両親に娘のことで驚愕のお願いをすると義母が…
<卵巣のう腫破裂>「痛いっていうより…」初めての陣痛はまさかの感覚だった…!?