【コロナ対策】春の新色もあるらしい!総社デニムマスクを使ってみた

【コロナ対策】春の新色もあるらしい!総社デニムマスクを使ってみた

第5497回 今日のこれ注目!ママテナピックアップ
ウレタンマスクや不織布マスクなど、「マスク」といっても様々な種類があります。個人の好みもあるでしょうし、デザイン性や機能性、入手のしやすさなど、「なぜそのマスクを使っているか」と聞かれたら、様々な理由があるでしょう。正直、筆者はそこまでこだわりがなく、ウレタンマスクも不織布マスクも使うのですが、今回「総社デニムマスク」を試してみました!

岡山県からお取り寄せ

「デニムの町」「ジーンズの聖地」として知られる岡山県。「総社デニムマスク」は、岡山県総社市が販売しているマスクです。

実は、かなり前からこのマスクの存在は知っていて、2020年4月に注文し、6月には届いていたのですが、そのことをすっかり忘れていて……。ふと思い出し、やっと使ってみたというわけです。

【コロナ対策】春の新色もあるらしい!総社デニムマスクを使ってみた

せっかく注文するんだし……ということで、大2枚、中2枚の計4枚を購入。申し込んだ時は、1枚あたり税込1000円でしたが、当時の確認メールを見てみると、なぜか800円になっていました。ラッキー!!

思ったよりも快適!

【コロナ対策】春の新色もあるらしい!総社デニムマスクを使ってみた

【コロナ対策】春の新色もあるらしい!総社デニムマスクを使ってみた

濃紺のデニム生地が、シンプルだけどおしゃれですよね。マスクの左端には、さりげなくロゴ(?)もついています。ちなみに裏地はこんな感じ。

【コロナ対策】春の新色もあるらしい!総社デニムマスクを使ってみた

デニムだから「息苦しいのではないか」と心配していましたが、実際に着用するとそんなことはなく、肌触りも◎。ひも部分はゴムで太さがあるので、耳に食い込んで痛くなることもありません。

ちなみに総社市では、障害のある方々が多く働いているそうで、その方々が手作りで制作してくださっているとか。届くまでに時間がかかったのは、そういう理由があったんですね。

また、筆者が購入したころは「濃紺」しかありませんでしたが、「冬モデル」のブラック・ベージュ、「春モデル」のミントグリーン・ピンクといったように、カラーバリエーションも増えているようですよ。
(文・明日陽樹/TOMOLO)
≫総社デニムマスク

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
TOMOLO
明日陽樹
TOMOLO
大学卒業後、アルバイトからライターに転身。約4年間編集プロダクションに所属したのち「TOMOLO」を立ち上げ、主にウェブメディアの運営や編集・執筆を行う。『ママテナ』のほか、『ダ・ヴィンチニュース』や『スーモジャーナル』、『FNNプライムオンライン』など幅広く寄稿し、フリーマガジン『BizHintマガジン』の編集・執筆も担当中。
大学卒業後、アルバイトからライターに転身。約4年間編集プロダクションに所属したのち「TOMOLO」を立ち上げ、主にウェブメディアの運営や編集・執筆を行う。『ママテナ』のほか、『ダ・ヴィンチニュース』や『スーモジャーナル』、『FNNプライムオンライン』など幅広く寄稿し、フリーマガジン『BizHintマガジン』の編集・執筆も担当中。

ピックアップ

ねっとりおいしいのに脂肪0!「イーセイスキル」に新フレーバー!!
【期間限定】モスの人気商品が7年ぶりに復活!!
大人も羨む豪華さ!「the kindest babyfood」知ってる?
「クセになる味」コンビニでしか買えない限定「ピザポテト」とは?