また食べたい!コレ、ケンタッキーなのに爽やかなウマさ!

また食べたい!コレ、ケンタッキーなのに爽やかなウマさ!

第5498回 今日のこれ注目!ママテナピックアップ
スパイスのきいた衣とジューシーなチキンのうまみ。“じゅわっ”とした食べ心地がおいしさのポイントでもあるケンタッキー・フライド・チキンは、どちらかといえばがっつり&こってり系の味わいのはず。そんな同店から爽やかな食べ心地の新商品が登場したことをご存知ですか?

バジルやレモンを使ったツイスターの新商品

ケンタッキー・フライド・チキンは2021年2月24日(水)から、全国の店舗で「バジルアボカドツイスター」(単品:税込340円)を数量限定商品として発売しました。

また食べたい!コレ、ケンタッキーなのに爽やかなウマさ!

2001年に発売された「ツイスター」はチキンと野菜をトルティーヤで包んだもの。ワンハンドで手軽に食べられたり、「ペッパーマヨ」「てやりやき」の2種類が用意されていたりするから、普段から食べているという方も多いはず。

そんな「ツイスター」の新商品となる「バジルアボカドツイスター」は、トルティーヤで「カーネルクリスピー」(チキン)とレタス、特製レモンバジル風マヨソース、アボカドフィリングを包んであります。

また食べたくなるおいしさ

「ツイスター」にアボカドを組み合わせるのはよさそうと思い、実際に食べてみたんですが、想像していた以上においしいです!

また食べたい!コレ、ケンタッキーなのに爽やかなウマさ!

サクサク食感の「カーネルクリスピー」はにんにくの風味がきいたいつもの味。一方でソースはバジルとレモンの爽やかな風味が特長で、クリーミーなアボカドフィリングとの相性が抜群によいです。フィリングの中に入っているたまねぎのおかげで食感にアクセントが生まれているのもおいしさのポイント。

爽やかであっさりしつつもチキンのうまみを堪能できる「バジルアボカドツイスター」は、また食べたくなってしまう魅力がありますね。ランチはもちろん、おやつ感覚で食べるのもアリではないでしょうか?
(文・奈古善晴/オルメカ)

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
オルメカ
奈古善晴
オルメカ
約10年間車屋に勤務。アートディレクターとして自社サイト・販促物の制作、広告運用などを担当。その後、編集プロダクションに転職し、編集者・ライターとしての実績を積む。現在は独立し、「マイマガジン」の一部コンテンツのディレクションなどを担当。過去に「editeur」や「ビジどこ会員サイト」「ままのわ」「スーモジャーナル」などに寄稿。
約10年間車屋に勤務。アートディレクターとして自社サイト・販促物の制作、広告運用などを担当。その後、編集プロダクションに転職し、編集者・ライターとしての実績を積む。現在は独立し、「マイマガジン」の一部コンテンツのディレクションなどを担当。過去に「editeur」や「ビジどこ会員サイト」「ままのわ」「スーモジャーナル」などに寄稿。

ピックアップ

ありそうでなかった!? このアイス、安くておいしい!
累計販売28億本突破!? 「クラフトボス」の新作を飲んでみた
「アップルパイバー」だけじゃない!井村屋のアイスが気になる!
スタバチルド新作!「バタースコッチラテ」がちょっぴりビターでうまい!