「危ない!」子どもが熱い蒸気の出る炊飯器に手を伸ばし…【体験談】

「危ない!」子どもが熱い蒸気の出る炊飯器に手を伸ばし…【体験談】

歩きだしたころの赤ちゃんは、とにかく好奇心旺盛で怖いもの知らず。予測不能な動きをすることも多く、危険が伴うこともあります。今回は、炊飯器でやけどをしてしまった赤ちゃんのお話です。

長女が歩き始めるようになり、好奇心旺盛で何にでも手を伸ばす1歳になったころのことです。わが家のキッチンは決して広くなく、炊飯器の置き場所が娘の手の届く場所にありました。今思えばそれがいけなかったのですが、当時はまさか炊飯器でやけどをするとは思いもしませんでした……。

夕飯の準備をしていると……

1歳になったばかりの長女は、歩けるようになって何でも触りたい・いじりたい盛り。 いつも通り炊飯器のスイッチを入れ、キッチンでおかずを作っていました。 すると長女がこちらにやってきて、ボウルとおたまを使ってお料理のまねをしたり、引き出しを開けてみたりと、私が料理をする傍らで遊んでいました。

「危ない!」と思ったときには遅かった

ふと目をやると、炊飯器に手を伸ばす長女。「危ない!」と思ったときにはもう遅く、ちょうど熱い蒸気の出る部分を手で覆ってしまったのです。 長女は熱くてびっくりして泣き出しました。ちゃんと見ていなかった自分と、炊飯器を手に届くところに置いておいたことを責めました。

関連記事:

ピックアップ

「最低だ…」公園でバイバイしたはずの子が家までついてきて… #放置子が勝手に家にいた話 3
「話なら…ホテル行く?」別れ話なのになぜ!?理由は…/相席で運命の人
わが子を叩いたり突き飛ばしたり…乱暴な子とは距離を取るべき!?
知ってる?【ユニクロ】オンライン限定サニタリーショーツがめっちゃ良き!