SNSで話題のスイーツパンがおうちで簡単に作れる!クリームたっぷり♡「マリトッツォ」

フードコーディネーター・スパイス香辛料アドバイザーの笠原知子です。最近SNSなどでよくみかけるスイーツパン「マリトッツォ」たっぷりの生クリームがサンドされたマリトッツォは、ころんとした形もかわいく、とってもおいしそうですよね!クリームがたっぷりサンドされていますが、パンで挟んであるので、甘すぎないのがいいですね。今回はマリトッツォをおうちで手軽に作れるようご紹介したいと思います。

このレシピを試すのにかかる時間

  • 50~60分(パンを冷ます時間を除く)

お手軽マリトッツォ

最近SNSなどでよくみかけるスイーツパン「マリトッツォ」

このマリトッツォ、生まれはイタリアのローマ。軽い食感のブリオッシュ生地のパンに、クリームを挟んだ菓子パンで、マリトッツォに、カプチーノを合わせるのが定番なのだとか。

探してみたら、カルディで取り扱いがありましたが、近所のお店ではあいにく売り切れ。人気なのがうかがわれます。

たっぷりの生クリームには、生クリームファンならずとも、魅了されてしまいます。

家でもマリトッツォを作れるようにと、バターと卵を入れて、手軽に出来るパンを焼いてみました。

パンから作るといっても、40~50分で焼きあがるお手軽レシピです。パンが焼けたらクリームを好きなだけ挟んでいただきます!

パンの材料は身近なものでシンプルに、発酵に時間をかけず、レンジを使って短時間で作ります。

粉はホットケーキミックスも加えて、さっくりと柔らかい食感を目指しました。

材料(6個分)

A)強力粉 100g
A)ホットケーキミックス 80g
A)卵 1個
ドライイースト 6g
牛乳 50ml
バター(有塩) 20g
生クリーム 200ml
グラニュー糖 小さじ4

作り方

① 耐熱ボウルに牛乳を入れ、レンジで20秒(500w)加熱する。ドライイーストを入れて軽く混ぜる。Aの材料を入れてへらなどで混ぜる。生地がまとまってきたら、台などに出してこねる。

② ある程度生地がまとまったら、バターをちぎってのせて生地で包み、バターがなじむまでこねる。(べたべたした生地になりますが、こねるうちにまとまってきます。)

③ 生地がまとまったら、電子レンジ300wで1分加熱する。

④ 生地を6分割して丸め、乾燥しないように固く絞った濡れ布巾などをかけておく。

⑤ 10分生地を休ませたら、電子レンジ300wで1分加熱する。

⑥ オーブンに天板を入れて予熱する。その間、乾燥しないようにパン生地には濡れ布巾などをかけ、10分くらい休ませる。

⑦ 天板にパン生地をのせ、180℃で8分位焼く。(お使いのオーブンによって焼く時間は調整してください。)

⑧ 焼きあがったら、網などにのせて冷ます。

⑨ 生クリームとグラニュー糖をボウルに入れる。氷水を入れたボウルにあてながら泡立て、9分立てにする。(ピンと角が立つくらい。泡立てすぎると分離してしまうので注意しながら立ててください。)

⑩ パンが冷めたら斜めに切り込みを入れて、クリームを挟み、パレットナイフなどでクリームの表面をなめらかに調えて出来上がり。

粉砂糖を振ったり、いちごを挟んだり、クリームにキルシュなどの洋酒を加えて香りをつけたり、アレンジもいろいろ楽しめます。

ころんとした形もかわいいマリトッツォ。クリームをたっぷり挟んで、おやつや軽食にいかがですか?

関連記事:

michill
michill
”笑顔が満ちる、ちょっとしあわせなワタシ” michill(ミチル)は、毎日がんばる女性が「もっと日常を便利にしたい」を見つけるために、 役に立つコツやここでしか見られない情報を提案するライフスタイルメディアです。 ファッション、ヘアスタイル、レシピなど専門性の高いライターによる信頼できる情報を中心に配信しています。
”笑顔が満ちる、ちょっとしあわせなワタシ” michill(ミチル)は、毎日がんばる女性が「もっと日常を便利にしたい」を見つけるために、 役に立つコツやここでしか見られない情報を提案するライフスタイルメディアです。 ファッション、ヘアスタイル、レシピなど専門性の高いライターによる信頼できる情報を中心に配信しています。

ピックアップ

2022年夏はアイシャドウが主役です♡プロイチオシの夏っぽ垢抜けアイメイクのやり方
えっ!400円以下も?!二の腕カバー力がすごい♡可愛くて使えるGU「値下げトップス」
今買うならユニクロが大正解!ラクにはけて美脚になれる♡大人気の「名品パンツ」5選
ダイソーで見つけた!小さいけど頼りになります♡人型の便利アイテムが家中で大活躍!