学童に行かなくても案外大丈夫だった我が家の小学2年生

学童に行かなくても案外大丈夫だった我が家の小学2年生

小学校の学童保育に入ったわが娘、2年生くらいから徐々に学童へ行きたがらなくなり、3年生になると、長期休みも含めまったく学童なしで毎日を送るようになりました。
そんな娘の、放課後と長期休みの過ごし方についてご紹介します。

すっかり学童のお世話になるはずが……

自宅で仕事をしている筆者。

フリーランスゆえ勤務時間こそ決まっていませんが、平日はほぼフルタイムで仕事をしています。

子どもは1歳半から保育園に預け、小学校でも入学式前の春休みから学童保育に入所。

保育園時代の同級生もたくさんいる学童で、楽しく過ごしていたのですが……。

小学校での新しい友達が増えてきた2年生になった頃から、学童保育へ行きたがらない日が増えてきました。

学童に問題があったというよりも、気の合う友達と、好きな時に好きな遊びをする方がいい!と思うようになった様子。

新しく仲良くなった友達が、たまたま学童ではない子が多かった、というのも影響したかもしれません。

まずは放課後の学童をお休みに

そこで、まずは放課後の学童からお休みして、様子を見ることにしました。

娘の小学校は普段は3時頃、6時間授業の日は4時頃が下校時刻です。

同学年の同じ方向の子がまとまって帰るゆるい集団下校で、自宅付近まではだいたい誰かと一緒なので、下校時の心配はあまりありません。

帰宅すると、習い事がない日は雨でなければたいてい友達と約束しているので、学区内の公園へ。

学童をお休みすると決めてまず準備したGPS機能付きキッズケータイを持たせ、何かあったときにすぐに連絡できるようにしています。

最初の頃は子ども同士の約束もまだ曖昧で、待ち合わせ時間に約束相手となかなか会えず気をもんだこともありましたが、3年生に進級する頃には子ども達もしっかりしてきて、友達が来ないと泣きべそをかきながら電話してくることはほぼなくなりました。

筆者も、はじめのうちは心配でキッズケータイの「10分おきに居場所を通知してくれる機能」をフル活用していましたが、3年生になるころにはすっかり慣れ、むしろ夕方の学童のお迎えの手間がなくなった分、仕事時間に充当できるようになったという思わぬ収穫もありました。

関連記事:

ピックアップ

実は楽しい「調査員」の仕事。スキマ時間にできる在宅ワークとしておススメ!
後悔しないために…。シングルマザーの仕事の探し方とは?
子どもを”安全”に”心配なく”留守番させるにはどうしたらいいの?
どうやって在宅ワークを探すの? 求人の探し方と悪徳業者の見分け方