アンバー・ハード、ジョニー・デップの薬物乱用による暴力を主張

アンバー・ハード、ジョニー・デップの薬物乱用による暴力を主張

アンバー・ハード(32)は、元夫ジョニー・デップ(55)が薬物やアルコールの乱用により暴力的な振る舞いをしていたと主張している。1年ほどの結婚生活を経て2016年5月にジョニーとの離婚を申請したアンバーは以前、ジョニーの家庭内暴力を訴えていたが、それが「手の込んだ悪戯」だったとして現在はジョニー側から5000万ドル(約51億円)もの名誉棄損訴訟を起こされている。

この訴訟に関してアンバーは、ジョニーは何があったか忘れてしまうほど頻繁に泥酔していたため、彼女が訴えていた被害についても覚えていないのだと反訴している。

ザ・ポストが入手した裁判所書類の中で、アンバーはこう記している。「結婚してから1年程が経過した頃、ジョニーが薬物やアルコールを乱用していることが分かりました。麻薬や非合法な処方薬を同時に使い、私が治療を手配する羽目になったことも何度かありました。彼が(薬物を)使っている時はいつも心配させられました。彼は全くの別人になってしまうんです。よく妄想が激しくなり暴力的になりました。そんな状態のジョニーを『モンスター』と呼んでいました」「ジョニーは、飲酒や薬を服用してからの自分の妄想や乱行を覚えていないことが多々ありました。私はジョニーのことを愛していましたので、更生するという彼の約束を信じていました。しかし私は間違っていました」

また飲酒してから飛行機に登場した際に、アンバーがジェームズ・フランコとラブシーンを撮影したことを気に入らなかったとしてジョニーが暴力的になったという例を挙げたほか、首を絞められたり、殴られたり、缶や未開封のガラス製のボトルを投げつけられたとしている。

そしてアンバーは自身のことを嘘つき呼ばわりする人々についても批判し、世の中から家庭内暴力を無くしたいと綴っている。

セレーナ・ゴメス、久々に公の場に登場へ! http://feeds.bangshowbiz.com/feeds/?id=1803817

1 Fri, 12 Apr 2019 17:00:00 +0100 BST 1803817




セレーナ・ゴメス(26)が昨年入院して以来初めて公の場に姿を見せる。2017年に行った腎臓移植の手術や全身性エリテマトーデスなどに端を発する問題により何度も入退院を繰り返し、情緒不安定になっていたセレーナは、昨年10月にリハビリ施設に入所していた。

そんなセレーナが、今月25日にカリフォルニア州で開催される若者たちの社会貢献への意識を高めるWe Dayのイベントに登場するという。

セレーナはこう声明を発表している。「毎年、WE Dayから刺激や希望を貰っていると感じます」「若者には、世の中を本当に変えようというとても前向きで情熱的な姿勢があります」「若者にとっての社会的な変革の年を祝い、一丸となれば私たちは良い明日を目指す止められない運動なのだと彼らを啓蒙できることに大変誇りを感じています」

セレーナ以前、腎臓移植の手術の際に受けたサポートについて、同イベントで明かしていた。

ロサンゼルスで開催される今回のイベントにはセレーナをはじめ、マハーシャラ・アリ、チャンス・ザ・ラッパー、ジョー・ジョナス、ナタリー・ポートマン、メーガン・トレイナー、ヘイリー・スタインフェルド、ウィル・アイ・アムなどが登場する予定だ。ニール・パトリック・ハリスがホストを務めるこのイベントの模様は8月9日にABCにて放送される。

We Dayには、前述の有名人のほか、共同創設者のクレイグとマーク・キールバーガー兄弟、1万6000人もの学生や教師が参加し、世の中をより良くしようとする取り組みを表彰する。

]]>
Showbiz
2019-04-13 02:01:04 http://feeds.bangshowbiz.com/feeds/?id=1803754 http://feeds.bangshowbiz.com/i.php?k=d7e5b8215892ba43efb056e29c411d4d55a20670 エンタメ 一覧 MYMAGAZINE_ON エンタメ 海外スターの最新ニュース

ピックアップ

アーミー・ハマー、離婚の辛さを明かす
ジェニファー・アニストン、引退を検討中!?
『ザ・クラウン』、シーズン4が11月に配信開始へ
ザック・エフロン、『ファイアスターター』映画化作で主演へ