『ボヘミアン・ラプソディ』、世界興行収入が1000億円を突破!

『ボヘミアン・ラプソディ』、世界興行収入が1000億円を突破!

『ボヘミアン・ラプソディ』の世界での興行収入が9億ドル(約1000億円)を突破した。クイーンの歴史を題材にした同作は、昨年10月に初公開されたものの、興行収入がいまだに伸び続けていると20世紀フォックスとニュー・リージェンシーが発表している。

ヴァラエティ誌によると、故フレディ・マーキュリーをラミ・マレックが演じた本作は、北米で2億1600万ドル(約250億円)を稼ぎ出したのをはじめ、北米以外でも6億8500万ドル(約750億円)もの興業収入を記録し、音楽の伝記映画としては歴代最高となるヒットを飛ばしている。

すでに北米や英国での上映は終了しているものの、中国や日本では現在も上映中で、1億1400万ドル(約125億円)のチケットセールスを記録している。また英国で7100万ドル(約78億円)、さらに韓国では7600万ドル(約83億円)の興行収入を挙げており、製作費はわずか5000万ドル(約55億円)ながらも製作元のフォックスに莫大な利益をもたらしている。

一方でアカデミー賞では、ラミが主演男優賞を受賞したのをはじめ、編集賞、録音賞、音響編集賞の4冠を達成し、ゴールデン・グローブ賞でも作品賞やラミの主演男優賞など高い評価を受けた。

先月ディズニーに710億ドル(約7兆8000億円)で買収されたフォックスとしては、『アバター』『タイタニック』『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』に次ぐ歴代4位となる大ヒットとなる。

アンバー・ハードとジョニー・デップの泥沼離婚、イーロン・マスクも召喚へ? http://feeds.bangshowbiz.com/feeds/?id=1805039

3 Mon, 15 Apr 2019 17:00:00 +0100 BST 1805039




アンバー・ハードの元恋人であるテスラのCEOイーロン・マスクが、ジョニー・デップとの名誉棄損裁判に召喚されたようだ。わずか1年ほどの結婚生活を経て2016年5月に離婚を申請したアンバーによるDV発言を受け、名誉棄損で訴えているジョニーだが、先日アンバーが首を絞められたリ、殴られたり、缶や未開封の瓶を投げつけられたりしたなど、ジョニーから受けたとする暴力の詳細を説明したことで、ジョニーとの破局後に交際していたマスクを「虚偽の助けをした友人」として裁判に召喚したという。

ジョニーの弁護団は、アンバーが証拠として提出している動画や音源、写真などについて、マスクをはじめとしたアンバー側の証人に追及する意向だと説明している。

アンバーの発言を「新たな虚偽」としているジョニー側は、不起訴とはなったもののアンバーには2009年に元恋人ターシャ・ヴァン・リーに対するドメスティックバイオレンスの疑いでの逮捕歴があることも引き合いに出し、その信頼性について懸念を示している。

一方でアンバーは先日、ジョニーは頻繁に記憶を失くすほど泥酔していたため、自分がはたらいた暴力も覚えていないのだと主張していた。

]]>
Showbiz
2019-04-16 02:42:12 http://feeds.bangshowbiz.com/feeds/?id=1805034 http://feeds.bangshowbiz.com/i.php?k=ef012e860cdf91ed882371f904c6fa104cbce78e エンタメ 一覧 MYMAGAZINE_ON エンタメ 海外スターの最新ニュース

ピックアップ

アーミー・ハマー、離婚の辛さを明かす
ジェニファー・アニストン、引退を検討中!?
『ザ・クラウン』、シーズン4が11月に配信開始へ
ザック・エフロン、『ファイアスターター』映画化作で主演へ