ロボットを動かして楽しくプログラミング的思考を養う! 『マタタラボ プロセット』でプログラミング学習の第一歩を

ロボットを動かして楽しくプログラミング的思考を養う! 『マタタラボ プロセット』でプログラミング学習の第一歩を

小さなロボットを動かして遊ぶ『マタタラボ プロセット』は、これからの時代に必要な論理的思考やプログラミング的思考を、4歳から楽しく養うことができる知育玩具。自分で作ったプログラム通りに動くロボットには、子どもたちが夢中になる仕組みがいっぱい。さっそく子どもと一緒に遊んでみよう!

遊びながらプログラミング的思考を育む知育玩具

今年度から小学校で必修化されたプログラミング教育。「プログラミング」と聞くとパソコンの専門家が行うもの…と、どこか遠い存在に感じてしまいがちだが、実はプログラミング的思考とは“目的を達成するための順序や道筋を効率的に考えて、試行錯誤し、物事を解決していく力”のこと。

そんな子どもにとって大切な思考を、遊びを通して4歳から育むことができるのが、株式会社くもん出版(東京都港区)の『マタタラボ プロセット』(対象年齢4歳から・希望小売価格 税抜34,800円・発売中)

遊び方はシンプルで、指示が描かれたブロックを組み合わせ、ロボットが動くプログラムを作るというもの。

目的を達成するためには、どのブロックをどう組み合わせたらいいのか、どう修正したらいいのかを論理的に考えていくことで、自然とプログラミング的思考を養うことができる。

『マタタラボ プロセット』には、「ロボットを動かすプログラムをつくるブロック」、「音楽をつくるブロック」、「図形を描くことができるブロック」が付属。

その中から、今回はロボットを動かすプログラムで、8歳の息子と遊んでみることにした。

「チャレンジブック1」ロボットの動きを感覚的に身につける

箱を開け、小さなロボット(マタタボット)を見るなり息子は「何これ、かわいい~!」と目を輝かせ、「僕、できそうだよ!」と前のめり。

『マタタラボ プロセット』にはレベル別に「チャレンジブック1~3」が付いている。まずは「チャレンジブック1」(10問)から順に試してみる。

チャレンジブック1にある問題を見ながら、マップ上のスタート地点とゴール地点を確認。

ここから、いよいよプログラムの作成を開始!

マタタボットがゴールに辿り着くためには、矢印が描かれた「動作ブロック」をどう並べれば良いかを考えていく。

「最初はこっち向きだから、このブロックでしょ~」と軽快にブロックをセットした息子。

ブロックの組み合わせ(プログラム)が完成したら、オレンジ色の大きなスタートボタンをプッシュする。

指令通りに動くマタタボットに、息子は「動いた~!」と大はしゃぎ。

ところが、問題が進むに連れて「え~っと、こっちに進ませたいから、どっち向きだ!?」とブロックの組み合わせに悩むように…。

理由は、ロボット目線でルートを考えなければいけないこと。たとえば、マップ上で“横”に進ませたくても、ロボットが横を向いていた場合には“直進”を選ばなければいけない。

見た目の通りに並べるのではなく、想像力と創造力を膨らませながらルートを考えなくてはならないのだ。

とはいえ、感覚さえ掴むことが出来れば幼児でも遊べるのが『マタタラボ プロセット』。

そして、子どもはその感覚を掴むのがとても早い! 息子もやり直しを繰り返して見事ゴールに到着すると、「できたよ~!!」と嬉しそうだった。

関連記事:

ピックアップ

【ハロウィン】毎年大好評の『メイトーの北海道かぼちゃプリン』を食べてみた
『ミニストップ・今週の新商品』ド迫力FFホットスナック『ビッグクランキーチキン』や、秋のごほうびスイーツ・パティスリッチ『ごろごろ栗の純白ケーキ』など
お手頃価格とは思えないおいしさ! 白ワイン『ドメーヌ・アラン・ブリュモン マリアンヌ ブラン』を食卓に
全米で大人気のワインブランド『ジョッシュ・セラーズ』から待望のピノ・ノワールが登場