フライパンでできる!ジューシー&ザクザク食感の「パクチー入り香味ねぎダレ油淋鶏」

ナチュラルフード・コーディネーターの茂木奈央美です。ザクザク食感の衣は、2度使いの片栗粉がポイント!フライパンで揚げ焼きにして、パクチーを効かせた香味ねぎダレで頂きます。甘さと酸味、ちょい辛のこのタレをたっぷりかければ、食欲そそるジューシーでザクザクな油淋鶏に!手間をかけずできるレシピをご紹介します。

このレシピを試すのにかかる時間

  • 約20分

パクチー入り香味ねぎダレで食べる「フライパン油淋鶏」レシピ

材料(2人分)

・鶏もも肉…1枚(320~330g)
・にんにく…1かけ
・しょう油…小さじ2
・清酒…大さじ1
・塩…ひとつまみ
・片栗粉…大さじ2(絡ませる用)
・片栗粉…適量(まぶす用)
・油…適量(お好みの油を使って下さい)

A)長ねぎ…1/2本(60~70g)
A)生姜…ひとかけ(約15g)
A)パクチー…小2株(40g)※茎と葉を分けて使います。
A)輪切り赤唐辛子…適量
A)しょう油…大さじ2
A)酢…大さじ1と1/2
A)砂糖…大さじ1と1/2
A)ごま油…小さじ1~2

作り方

① 鶏もも肉は、筋や余分な脂を取り除いて、6等分にする。

ポイント
鶏もも肉を1枚そのまま揚げる事もありますが、今回は切り分けてから調理します。
出来立ての熱々なまま切らなくても済み、そのまま盛り付けられます。
衣が鶏肉を覆う面積が増えるので、よりザクザクでカリカリな食感が楽しめます。

② ボウルに①とすりおろしたにんにく、しょう油、清酒、塩を入れて揉みこんだら、そのまま常温で10分ほど置いて、下味をなじませる。

なじませている間に、材料Aを使ってパクチー入り香味ねぎダレの準備をします。

③ 長ねぎと生姜は、それぞれ細かいみじん切りにして、ボウル、または容器に入れる。

切り方のコツ
長ねぎは、まず、回転させながら5~6カ所に包丁を使って、縦に切れ込みを入れてから、粗みじん切りにします。
その後、平らに広げたら、包丁の先を抑え、包丁を移動させながら、更に細かくなるよう切っていきます。
広がり過ぎたら、中央へ寄せて、粗い部分が無くなるまで切ります。

細かく切ると、調味料になじみやすくなりますよ!

④ パクチーは、葉の部分は手で取って別にして置く。茎はみじん切りにして、➂に加える。

⑤ 残りの材料Aを加えて混ぜ、香味ねぎダレにする。

⑥ ②の下味を付けておいた鶏もも肉に、片栗粉(絡ませる用)を入れ、水分を吸わせるように混ぜる。

⑦ フライパンに深さ5mmくらいになるよう油を入れ、火を点ける。

⑧ ⑥の鶏もも肉の表面に、片栗粉(まぶす用)をおさえるようにしっかりと付けたら、皮目から⑦に入れる。

⑨ 中弱火で4~5分、裏返して2~3分揚げ焼きにする。※時間は目安です。鶏もも肉の大きさなどによって変わります。

⑩ 取り出して、油を切りながら、1~2分待つ。(余熱を通します)

⑪ 皿に盛り、別にしておいたパクチーの葉を添え、⑤を上からかけたら出来上がり。

片栗粉の衣は、薄くて軽いイメージですが、下味用の漬け込み調味料と混ぜることで、しっかりと鶏肉を覆う衣になります。

後付けのまぶした片栗粉で、更に食感がサクッとなります。

パクチーの香りとねぎや生姜などのキリっとした辛さに、酸味と甘みもあるタレが食欲をそそりますよ!ぜひ、お家で作ってみてくださいね!

関連記事:

michill
michill
”笑顔が満ちる、ちょっとしあわせなワタシ” michill(ミチル)は、毎日がんばる女性が「もっと日常を便利にしたい」を見つけるために、 役に立つコツやここでしか見られない情報を提案するライフスタイルメディアです。 ファッション、ヘアスタイル、レシピなど専門性の高いライターによる信頼できる情報を中心に配信しています。
”笑顔が満ちる、ちょっとしあわせなワタシ” michill(ミチル)は、毎日がんばる女性が「もっと日常を便利にしたい」を見つけるために、 役に立つコツやここでしか見られない情報を提案するライフスタイルメディアです。 ファッション、ヘアスタイル、レシピなど専門性の高いライターによる信頼できる情報を中心に配信しています。

ピックアップ

やっぱりGUワンピースが頼りになります!今買うならコレが正解♡「黒シャツワンピ」コーデ
たった3STEPで完成♡簡単&時短!ミディアム・ロングヘアさん向け「垢抜けヘアの作り方」
これは買わないと損…♡即スタイルアップが叶う!GU「黒シャツワンピ」でオルチャン風コーデ
HMと板チョコを簡単アレンジで人気コンビニスイーツに♡ひとくち生ガトーショコラ