大切な思い出を残す写真。台風や大雨、津波で濡れた写真を消さないための保存方法

大切な思い出を残す写真。台風や大雨、津波で濡れた写真を消さないための保存方法

写真洗浄をする場合

銀塩プリントの場合

  1. 水を入れた洗面器を2つ用意します。一つは汚れを落とすための洗浄用、もう1つはすすぎ用です。

  2. 写真が乾いた状態で、乾いた柔らかい筆やハケで表面の汚れを落とします。

  3. まずは裏面から洗います。このとき写真全てを水につけず、裏面だけに水をかけてこすり洗いをします。

  4. 写真を返し表面を上にして、写真の端だけを水につけ、筆もしくは指の腹で軽くこすります。絵が流れないことを確認しながら洗ってください。

    作業中に写真が赤色や黄色になったり、さらに白くなったりした場合は、劣化が進んでいます。作業を続けると写真の絵が消えてしまいますので、汚れを落とす作業を中止してください。
    また、薄手のゴム手袋を通してヌメリを感じた場合には、軽くすすぐ程度にとどめてください。

    洗浄前に既に変色していたり、白くなっている部分がある写真、べたつきのある写真は特に注意が必要です。絵が流れるようであれば、かるくウエットティッシュで軽くふくだけにとどめましょう。
    また、ウエットティッシュでふく場合にも、いきなり全体をこすらずに端から少しづつ試すようにしてください。もし絵が流れるようであれば、変色した部分のみをふくだけにとどめます。

  5. 洗っても大丈夫なようであれば、全体を水につけて筆もしくは指の腹で軽くこするように洗います。
    洗面器の水が汚れてきたら、水を交換しながら洗浄を行ってください。

  6. 汚れが落ちたら、すすぎ用の洗面器で軽くすすぎます。

  7. 写真を重ならないようにして乾燥させます。

昇華型プリントの場合

まずは、写真が乾いた状態で、乾いた柔らかい筆やハケで表面の汚れを落とします。
水にはつけず、濡らしたきれいな雑巾などで軽くふきます。

インクジェットプリントの場合

まずは、写真が乾いた状態で、乾いた柔らかい筆やハケで表面の汚れを落とします。
汚れが軽い場合には水につける必要はありませんので、濡らしたきれいな雑巾などで軽くふきます。

汚れがひどい場合には、水につけて洗浄をしますが、染料インクを使用したプリントは水に弱く、色がにじんだり薄くなることがあるため、なるべく短い間で作業を行います。
また水に弱い紙の場合は破れてしまうことがあるため注意が必要です。

昇華型プリント、インクジェットプリントの場合も、インクや紙の種類によって耐久性が異なります。銀塩プリントと同じように少しづつ試しながら、やさしく作業をするようにしましょう。

富士フイルムや被災写真救済ネットワークのサイトでは、写真や動画で写真の保存、洗浄の方法を詳しく見ることができますので、参考にしてみてください。

被害を受けた写真・アルバムに関する対処法 サポート | 富士フイルム [日本]

被災写真救済ネットワーク

何気なく撮った写真でも後になって見返すと、自分にとって大切な想いよみがえることがあります。また、被災直後は見返すのをためらうことがあっても、何年かたった後には大切な宝物となることもあります。
被災によって写真が消えてしまわないよう、しっかりと対処をして保存するようにしましょう。

関連記事:

配信元

moshimo ストック
moshimo ストック
私たち moshimo ストックは「もしも」のための防災情報メディア。 最近、地震や台風がよく起きるようになって心配。 防災をしようと調べてみたものの、何から始めればいいの…? 私たちも始めは知ることがたくさんあって、防災ってちょっと難しいな…と思いました。 でも、ちょっと待って下さい! もし何の準備もなく災害にあってしまったら大変です。 防災は少しずつでも大丈夫、「もしも」のための準備を始めませんか?
私たち moshimo ストックは「もしも」のための防災情報メディア。 最近、地震や台風がよく起きるようになって心配。 防災をしようと調べてみたものの、何から始めればいいの…? 私たちも始めは知ることがたくさんあって、防災ってちょっと難しいな…と思いました。 でも、ちょっと待って下さい! もし何の準備もなく災害にあってしまったら大変です。 防災は少しずつでも大丈夫、「もしも」のための準備を始めませんか?

ピックアップ

日本を守る地震予測。緊急地震速報や地震がおこる確率はどのように調べている?
人はどうやったら避難するのだろう?
災害に便乗した悪質商法に注意。高額被害や詐欺に加担してしまうことも!
こどもが未来の防災を考える