マーベル・シネマティック・ユニバース、ついに同性愛者のキャラクターが登場!?

マーベル・シネマティック・ユニバース、ついに同性愛者のキャラクターが登場!?

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)に、間もなく同性愛者のキャラクターが登場するという。『アベンジャーズ/エンドゲーム』でメガホンを取ったジョーとアンソニーのルッソ兄弟は、ケヴィン・ファイギ社長から近いうちに、このゲイを公言している登場人物について明かされると示唆している。

『EWモーニング・ライブ』に出演したルッソ兄弟だが、最新作の劇中でジョーが演じた悲しみに暮れている男性がマーベル初のゲイのキャラクターなのか尋ねられ、「ああ、ゲイを公言しているんだ。他の登場人物の性的志向についても指示は出てるわけだけど、これがゲイを公言している初めてのキャラクターになる」とジョーは冗談交じりに答えた。

また、噂されているゲイのキャラクターについては、「そのうち、分かるよ!」とジョーが言うと、「それは別の物語なんだ」とアンソニーが補足したものの、ジョーは「マーベル作品のどれかにゲイのキャラクターが登場する。ケヴィンが発表すると思うけど、もう間もなくのはずだよ」と続けた。

昨年6月には、ファイギが今後マーベル作品に2人の同性愛者のキャラクターが登場すると明かしていた。

一方でテッサ・トンプソンは以前、MCUで自らが演じるヴァルキリーというキャラクターは、劇中で描写がないものの、両性愛者だと主張していた。

アンドリュー・ガーフィールド、新作伝記映画で苦悩のピアニスト役へ http://feeds.bangshowbiz.com/feeds/?id=1818696

2 Thu, 09 May 2019 17:00:00 +0100 BST 1818696




アンドリュー・ガーフィールドが新作伝記映画『インストゥルメンタル』でピアニスト役を演じるようだ。ジェームス・ローズによる同名伝記を原作に『博士と彼女のセオリー』のジェームズ・マーシュが監督を務める本作で、アンドリューは主役を演じる予定だという。

原作本ではローズが幼少時代や男子校時代に経験した性的虐待や、精神的および肉体的苦痛、摂食障害のほか、加害者が出廷前に死亡したことによる心的外傷後ストレス障害、そしてその状況下でどれだけ音楽が救いとなったかが綴られている。

プロデューサー陣にはデブラ・ヘイワードや、実写版『キャッツ』も手掛けているアリソン・オーウェンのモニュメンタル・ピクチャーズが名を連ね、ライオンズゲート社がカンヌ国際映画祭で販売を開始する予定の中、年内にも撮影が始まる見込みだ。

1975年にロンドンに生まれたローズは、そのピアノの才能が見込まれ、18歳の時にギルドホール音楽演劇学校の奨学金のオファーを受けたものの、エディンバラ大学への進学を選んだ。ピアノを完全にやめてまで同大学へと通い始めたものの、結局1年後には中退することになる。その後、パリのファストフード店で1年ほど働いた後、ユニバーシティ・カレッジ・ロンドンで心理学を専攻、そして同市内の金融街シティにて5年間勤務する。しかし、精神を悩まされたことで治療施設入りを迫らることになり、その後ピアノを再開する。現在はプロのピアニストとしてだけでなく、作家やタレントとして活躍している。

]]>
Showbiz
2019-05-10 02:39:14 http://feeds.bangshowbiz.com/feeds/?id=1818702 http://feeds.bangshowbiz.com/i.php?k=c2c53120daeb2f8c13a0d577bae241cb0b4ed62a エンタメ しない 一覧 MYMAGAZINE_ON エンタメ 海外スターの最新ニュース

ピックアップ

アーミー・ハマー、離婚の辛さを明かす
ジェニファー・アニストン、引退を検討中!?
『ザ・クラウン』、シーズン4が11月に配信開始へ
ザック・エフロン、『ファイアスターター』映画化作で主演へ