『ウルフ・オブ・ウォールストリート』が舞台化!

『ウルフ・オブ・ウォールストリート』が舞台化!

『ウルフ・オブ・ウォールストリート』が舞台化されるようだ。レオナルド・ディカプリオが株式ブローカーであるジョーダン・ベルフォートを演じ、アカデミー賞にもノミネートされた2013年のマーティン・スコセッシ監督作が、今年9月にロンドンで参加型の舞台として上演されるという。

映画版では、ジョナ・ヒル演じるストラットン・オークモント社の共同設立者と1990年代初頭のベルフォートが描かれた。

クズ株の販売戦略で、裕福な投資家を騙し、大成功を収めたベルフォートだが、証券取引委員会とFBIによって追いつめられることになる。

参加型となる今回の舞台では、観客に90年代のアメリカのオフィスの装いやブローカー役、FBIの捜査官などの格好での来場が呼び掛けられているほか、レストランやバー、スーパーカーなどまでが会場に再現される予定だ。

劇場についてはまだ発表されていないものの、参加型の舞台として英国史上最も長く上演されている『グレート・ギャツビー』の制作チームが、演出を担当するアレクサンダー・ライトと共に作り上げる。

ベルフォートはこうコメントしている。「原作本を読んだり、映画を観たりしたでしょうが、今度は現実に『ウルフ・オブ・ウォールストリート』を体験することができます」「これまでで最高のショーとなることでしょう。チケットを今買いましょう」

プロデューサーを務めるルイス・ハートショーンとブライアン・フック曰く、舞台版では極端な資本主義や快楽主義的な振舞い、如何にしてお金への欲望が人間を従えているのかなどを描くという。

ブリトニー・スピアーズ、元マネージャーに対して接近禁止令を獲得 http://feeds.bangshowbiz.com/feeds/?id=1818694

2 Thu, 09 May 2019 17:00:00 +0100 BST 1818694




ブリトニー・スピアーズが元マネージャーに対する接近禁止命令を獲得した。2007年から1年間にかけてマネージャーを務めていたサム・ラトフィに対する禁止令を先日ブリトニーが申請していたことを受け、8日(水)に裁判所がラトフィに正式な審問が行われる今月28日までブリトニー一家に近づかないことを命じた。

ザ・ブラストが入手した書類によれば、ブリトニー一家はラトフィから嫌がらせや脅迫的なメッセージやツイートの被害を受けていたとされており、それが深刻な精神的トラウマを引き起こしたと訴えられている。

ブリトニーの弁護団はラトフィがブリトニーの取っている後見制度に干渉するため、自警的な態度や賄賂、プライベートな情報を利用しようとしたとしており、今後の被害を防ぐべき禁止令を求めてた。

ブリトニーの母リンに対する嫌がらせの携帯メールも証拠にあるとされている一方で、ラトフィ側は2009年からブリトニーに連絡を取ったことはなく、ツイッターでの発言や母親に対する携帯メールが理由で接近禁止令が出されるのはおかしいと反論、言論の自由を取り上げるも同然だと今回の決定を非難している。

]]>
Showbiz
2019-05-10 02:39:18 http://feeds.bangshowbiz.com/feeds/?id=1818720 http://feeds.bangshowbiz.com/i.php?k=7e51807c3ebff9feec89a2fade11131d6f0eee59 エンタメ しない 一覧 MYMAGAZINE_ON エンタメ 海外スターの最新ニュース

ピックアップ

アーミー・ハマー、離婚の辛さを明かす
ジェニファー・アニストン、引退を検討中!?
『ザ・クラウン』、シーズン4が11月に配信開始へ
ザック・エフロン、『ファイアスターター』映画化作で主演へ