貴重品をどう守る!?災害で増える盗難、避難時の防犯を考えよう

貴重品をどう守る!?災害で増える盗難、避難時の防犯を考えよう

避難するときに携帯すべき貴重品

不特定多数の人が身を寄せる避難所などは、防犯の観点では決して安全な場所とは言えません。避難所で盗難が発生したケースもあります。避難所では、貴重品は他人の目につかないように、すぐ手が出せないような場所に置くようにしましょう。ウエストポーチなどに入れて、常に身につけておくようにすることも、対策の一つです。

避難するときに、どこまでの貴重品を携帯すべきなのかは、難しいところです。
最低限必要なものとしては、やはり現金(小銭を含む)です。クレジットカードも持っていくと、すぐに預金を引き出せない場合にも心に余裕が持てます。さらに、健康保険証や運転免許証、年金手帳、パスポート、マイナンバーカードなどの身分証明書。認め印で構わないので、印鑑。銀行通帳は持ち出せなくても、口座番号の控えは持っておきましょう。

災害時に通帳やキャッシュカードを紛失してしまったら

いくらか現金を手元に用意しておいたとしても、避難生活が長引くと、銀行などから預金を引き出す必要も出てきます。災害による混乱や被災状況によって、通帳やキャッシュカードを紛失してしまったり、持ち出せない事態に陥る場合もあります。

災害救助法が適用されるような大規模災害が発生した場合には、通帳やキャッシュカード、届出印がなくても、本人確認ができれば、払い戻しできるようになります。
災害救助法が適用されるような災害が発生した場合、日本銀行は財務局などと連名で、被災した地域の関係金融期間などに対して「災害時における金融上の特別措置」を要請します。特別措置が講じられると、預金証書や通帳を紛失した場合でも預金者本人であることを確認して払い戻しに応じてもらえるようになります。また、届出の印鑑のない場合には、拇印で応じられるようになります。さらに、事情によっては、定期預金や定期積金の期限前の払い戻しや、これを担保とする貸付にも応じられるようになります。国債を紛失した場合の相談にも応じてもらえます。
ただし、銀行によっては1回の引き出しに限度額(10万円程度)がある場合もありますので、取引のある金融機関の窓口やコールセンターなどに相談するようにしましょう。

関連記事:

ピックアップ

日本を守る地震予測。緊急地震速報や地震がおこる確率はどのように調べている?
人はどうやったら避難するのだろう?
災害に便乗した悪質商法に注意。高額被害や詐欺に加担してしまうことも!
こどもが未来の防災を考える