貴重品をどう守る!?災害で増える盗難、避難時の防犯を考えよう

貴重品をどう守る!?災害で増える盗難、避難時の防犯を考えよう

自宅での保管に不安が残る貴重品は

土地の権利証や有価証券などの重要書類、貴金属などの資産、実印など、災害時には避難するときに持ち出すことも、自宅で保管しておくことも不安が残るものもあります。
こうした資産や貴重品を安全に管理するために、銀行や信用金庫などの貸金庫を利用するのも一つの方法です。

金融機関の貸金庫は、定額料金を支払って、利用します。ただし、その金融機関に口座を保有していることや、事前審査に通ることが条件です。また、貸金庫に空きがあることも必要です。
貸金庫には、貸金庫専用カードや鍵で開けるタイプの金庫と、暗証番号で利用できる金庫があります。さらに、静脈などによる生体認証で利用するタイプのものもあります。普段、貸金庫が使える時間帯なども、金庫のタイプによって様々なので、取引のある金融機関に確認しましょう。

ただし、金融機関の貸金庫自体は、地震や火災に耐えられるように作られてはいますが、金融機関が被災して、建物が倒壊すれば、貸金庫に預けたものはすぐに取り出せなくなることもありますし、災害によって金庫内のものが紛失したり壊れたりしても保障はされません。現金や総合口座の通帳などは、貸金庫での保管には向いていないということです。

こうしたメリット・デメリットも理解した上で、災害時の防犯も考えて、何をどこに保管するのが一番安心できるのか、平時から考え、対策を講じておくことが大切です。

その他、災害時の犯罪についてはこちらのページで紹介をしていますので、リスクを知った上で準備をしておきましょう。

関連記事:

配信元

moshimo ストック
moshimo ストック
私たち moshimo ストックは「もしも」のための防災情報メディア。 最近、地震や台風がよく起きるようになって心配。 防災をしようと調べてみたものの、何から始めればいいの…? 私たちも始めは知ることがたくさんあって、防災ってちょっと難しいな…と思いました。 でも、ちょっと待って下さい! もし何の準備もなく災害にあってしまったら大変です。 防災は少しずつでも大丈夫、「もしも」のための準備を始めませんか?
私たち moshimo ストックは「もしも」のための防災情報メディア。 最近、地震や台風がよく起きるようになって心配。 防災をしようと調べてみたものの、何から始めればいいの…? 私たちも始めは知ることがたくさんあって、防災ってちょっと難しいな…と思いました。 でも、ちょっと待って下さい! もし何の準備もなく災害にあってしまったら大変です。 防災は少しずつでも大丈夫、「もしも」のための準備を始めませんか?

ピックアップ

ピクトグラムから知る、災害時の注意
日本を守る地震予測。緊急地震速報や地震がおこる確率はどのように調べている?
人はどうやったら避難するのだろう?
災害に便乗した悪質商法に注意。高額被害や詐欺に加担してしまうことも!