ジェシカ・チャステインとアンドリュー・ガーフィールド、新作で共演へ

ジェシカ・チャステインとアンドリュー・ガーフィールド、新作で共演へ

ジェシカ・チャステインとアンドリュー・ガーフィールドが『ジ・アイズ・オブ・タミー・フェイ』のキャスト陣に加わった。2人は『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』のマイケル・ショウォルターがメガホンを取る新作伝記映画で主役を務めることになる。

2000年にルポールがナレーターを務めたことで話題になった同名ドキュメンタリー作品の映画化となるこの新作では、テレビ宣教師のジム・ベイカー(アンドリュー)とタミー・フェイの夫妻が作り上げたキリスト教事業の栄枯盛衰が描かれる。

70年代と80年代にかけ通っていたミネソタ州のノース・セントラル・バイブル・カレッジで出会った2人は、その後まもなく結婚し、2人で『ザ・PTL・クラブ』というキリスト教信者向けのテレビ番組を設立した。そこから世界最大の宗教テレビ局を作るまでに発展させた後、キリスト教のテーマパークまでオープンするに至った。

そんな成功を収めながらも、経済難や浮気スキャンダルなどに見舞われ、事業の衰退と共に結婚生活も終わりを迎えることになる。

一方でジェシカは『ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜』のオクタヴィア・スペンサーとの再共演となるタイトル未定のコメディ新作でも、ショウォルター監督とタッグを組んでいるところだ。

ピックアップ

アーミー・ハマー、離婚の辛さを明かす
ジェニファー・アニストン、引退を検討中!?
『ザ・クラウン』、シーズン4が11月に配信開始へ
ザック・エフロン、『ファイアスターター』映画化作で主演へ