【水族館】個性的なペンギンや幻想的なクラゲ、人気急上昇中のチンアナゴに会いに。18時以降も楽しめる「すみだ水族館」の魅力

【水族館】個性的なペンギンや幻想的なクラゲ、人気急上昇中のチンアナゴに会いに。18時以降も楽しめる「すみだ水族館」の魅力

東京スカイツリータウンにある「すみだ水族館」の料金やアクセスをご紹介。水族館では珍しい日本最大級の金魚展示エリア「江戸リウム」や、ペンギンやオットセイを間近で見られる屋内開放水槽など、見どころがいっぱい。21時まで開館しているので、仕事帰りにも立ち寄れる。

海面に映る月のようなクラゲを堪能「ビッグシャーレ」





2020年7月に誕生した長径7メートルの水盤型水槽「ビッグシャーレ」。約500匹のミズクラゲがふわふわと漂う様子を、上からも横からも観察できる水槽には、一部水面に張り出すガラスの床デッキが。足元をクラゲが横切る様子を見ることができ、まるで水面に立っているような新感覚の浮遊感が体感できる。

また、展示されている14種のクラゲは飼育スタッフが「ラボ」で繁殖させたクラゲで、生き物をより身近に感じられるのが嬉しい。



ヨチヨチ歩いて、スイスイ泳ぐ。目の前で繰り広げられるペンギンたちの生活ぶりがかわいい





国内最大級の屋内開放型プールにはマゼランペンギンが生活している。観覧位置が近いので、ペンギンたちの行動や表情まで見られ、その愛くるしさに胸キュン。すべてのペンギンは羽の部分に色のついたバンドを付けていて、名前がわかるようになっている。ずっと見ているとそれぞれの個性もわかって楽しい。

2020年7月に誕生した「キッチン」では、ペンギンを含む生き物のご飯の準備が間近で見ることができる。ペンギンのご飯の時間には、どのペンギンがどれだけ食べたか、飼育スタッフが確認しながら解説してくれ、より親しみを感じられる。また、「すみだ水族館」では、18時以降は館内の照明を落とし、青く幻想的な夜の照明の中で寝ている様子も。水族館でもなかなか見られない、夜の生き物たちの行動や寝ている姿に癒されるはず。



関連記事:

ピックアップ

【埼玉・長瀞(秩父郡)】長瀞 古沢園
【スマホでもっとスマートライフ入門】サブスク課金に注意!スマホアプリ整理術
【かき氷】老舗和菓子店が作る、“崖”のようなかき氷!目白「志むら」のインパクト大な“断崖絶壁風”かき氷
日本のシードル産地を巡る_青森編<シードルのある夏>