伝える・学ぶ・繫がるものづくり ~受動的な学びから能動的な学びへ②~

伝える・学ぶ・繫がるものづくり ~受動的な学びから能動的な学びへ②~

アクティブな活動・アクティブな学び

文部科学省は学習指導要領の中で「主体的・対話的で深い学び」という表現と使って、これからの学習のあるべき方向を示しています。教育関係者以外の方にはちょっとわかりにくい表現ですが、私は次のように解釈しています。
「主体的」とは、誰かにやらされるのではなく自分から積極的に学ぼうとする姿勢です。「対話的」な学びとは、先生や友だち、家族や地域の人たち、学校にやってくるゲストティーチャーや校外学習で出会う様々な人々、要は他者との対話(「会話」ではありません)を通しての学びです。そして、課題を見つけて挑戦し、解決し、新たに課題を見つけてまた挑戦していく、つまりどんどん深掘りしていく学習方法が「深い」学びです。

生徒・学生たちが生き生きと防災学習にとりくんでいる学校では、知識と技能をインプットするだけではなく、自らの被災体験や他者から吸収した知識を何らかの形に加工してアウトプットする活動にとりくんでいるところが少なくありません。そこには、課題を見つけ、その解決のために情報を集め、先生や友だちと相談し、判断し、実行していくプロセスがあります。他者と深く関わっていく姿勢が見られるのです。素晴らしい防災学習の実践事例には、「主体的・対話的で深い学び」が具体的な形を伴って表現されていると私は感じています。


被災体験を伝える

被災地では、ある一定期間が過ぎると、災害体験を持たないこどもたちが入学してきます。被災体験をどう伝えるかは、被災地に共通する課題として受け止められています。
東日本大震災の被災地で、自分の被災体験を紙芝居で発信する高校生がいます。震災から10年、小学生はもうあの震災の直接記憶を持ちません。あと数年もすれば大津波を体験していない世代が高校に入学してきます。そんな世代にとっては土地のかさ上げや造成、住宅の建設が続くまち、集団移転した新しいまちが故郷になります。そこでは、震災を知らない世代にあの時起こった事実を記憶しておいて欲しいと願う高校生が、自分の幼い頃の体験を紙芝居にして幼稚園や小学校で読み聞かせを続けています。

この活動には災害体験の伝承とともに、もう一つ、大切な意味があります。話を聞いたこどもたちは「もし自分なら・・・」と考える傾向があります。防災を進めるには災害を「我が事」ととらえる必要があるとよく指摘されますが、同世代の体験を聞き、過去の体験に現在の自分を重ね合わせて考えるプロセスは、災害への「我が事」感を高めていく一番の方法ではないでしょうか。


関連記事:

ピックアップ

平時のリスクは災害時にも(2) – 女性を狙った性犯罪にあわないための自己防衛のポイント
平時のリスクは災害時にも(1) – 交通事故が増える原因を知って対策しよう
災害関連死とは?生き残った後にも油断せず、健康リスクに注意しよう
既存のプログラムと学校独自の工夫の融合