「正解みつけた!」生理中でも漏らさない!私のベスト寝姿勢だッ★

「正解みつけた!」生理中でも漏らさない!私のベスト寝姿勢だッ★

生理中の睡眠では、経血が漏れてしまわないか不安に思うものですよね。この女性もそんな1人で、彼女は安眠を得るために漏れない寝姿勢を、とことん突き詰めていって、生理中のベストな寝姿勢を見つけたそうです。

中学生のときに初潮を迎えてから、就寝中の経血漏れが気になっていた私。そこで追求したのが寝姿勢でした。トライ&エラーを繰り返しながら、私なりの「生理中のベスト就寝ポジション」を見つけたのです。

きっかけは、就寝中の経血漏れ

中学生のときに始まった生理。就寝中に経血漏れしたことがあってから、寝ているときの経血漏れが気になって、なかなか安眠できず……。そのため「どういう体勢ならもれずに安心して眠れるか」を試行錯誤してきました。


ある生理がきた日の夜、私は夜用の大きいナプキンをつけて就寝の準備をしました。でも、それだけでは「漏れたら嫌だな」と不安で……。そこで私がおこなった作戦は、経血が背中側にこないように、タオルを丸くして腰の下に差し込み、腰の位置を高くして寝ることです。


この作戦では、経血漏れという災難は避けられました。しかし、それ以上に問題が! 腰を高くして寝てしまったために、背中が筋肉痛になり、腰を痛めてしまったのです。結果、生理痛がいつもよりつらくなり、大失敗。


その後も、「きっとタオルだからダメだったんだ!」と考えて、枕や小さめの布団、モフモフのぬいぐるみなどで試してみましたが、どれも結果は同じでした。

失敗しながらたどり着いた方法は…

そうこうしているうちに思いついたのが「寝るとき、ちょっとだけ体を起こした状態にすればいいのでは?」ということ。腰だけを高くするのではなく、クッションなどで体全体を少し起こしたような体勢にするのです。


そうすれば、経血が背中側にいくのを防げますし、腰を痛めてしまうのも防げそう。さっそく試してみたところ、経血漏れもなく、ぐっすり眠ることもでき、翌朝の体の痛みもなく過ごせたのです。


こうして、少し体を起こして寝る姿勢が、私の「生理中のベスト就寝ポジション」となったのです。

関連記事:

ピックアップ

「妊娠…してた!」多嚢胞性卵巣症候群の私が感じた「妊娠」という奇跡
長〜く遊べる!買って大正解だったアンパンマンのおもちゃ3選【体験談】
退院直後に墓参りに行けって本気?実父の「孫フィーバー」で大迷惑!さんざんな目に【体験談】
なかなか寝てくれない新生児にも!意外な方法で背中スイッチを攻略!