デニス・リチャーズ、ネットいじめを題材にした新作にキャスト入り

デニス・リチャーズ、ネットいじめを題材にした新作にキャスト入り

デニス・リチャーズとジョン・シュナイダーが新作『スイッチド』のキャストに加わった。『007 ワールド・イズ・ノット・イナフ』のボンドガールとして知られるデニスと『ヤング・スーパーマン』のジョンが出演する新作では、10代の若者の信仰心を取り上げることになるようだ。

ケンタッキー州ルイビルですでに撮影中の『スイッチド』では、高校の人気者ケイティが、祈りの力によりいじめの対象であったカッサンドラで体が入れ替わってしまうストーリーが描かれる。

ジョン・K.D. グラハムが監督を務める本作は、ネットいじめなどの10代の少女たちが直面する問題に信仰心と共に取り組むウェブサイト、プロジェクト・インスパイアドの設立者であるニコール・ワイダーが製作総指揮を務める。

この新作の中ではネットいじめや仲間たちからのプレッシャーという問題点を掘り下げる中、キャラクターたちが共感と愛情の中で成長していく姿を描くという。

ピックアップ

アーミー・ハマー、離婚の辛さを明かす
ジェニファー・アニストン、引退を検討中!?
『ザ・クラウン』、シーズン4が11月に配信開始へ
ザック・エフロン、『ファイアスターター』映画化作で主演へ