抱っこしても泣く…わが子の寝かしつけがラクになった3つの方法

抱っこしても泣く…わが子の寝かしつけがラクになった3つの方法

生後半年ごろの赤ちゃんの寝かしつけをラクにするために、ママがおこなって役立った方法を紹介しています。バランスボールや音楽などを用いたことで、安心してぐっすり眠ってくれたそうです。

寝るときにいつも同じ音楽を流す

赤ちゃんがおなかの中にいたときから聴かせていた音楽があり、その曲を流すと安心して眠ってくれました。音楽を流しながら私が歌を口ずさむことで、ママの声に安心して眠れるようでした。

また寝る時間に毎回同じ音楽を流すことで、その曲が聞こえたら寝る時間ということも認識し始めたような気がします。それからは寝かしつけがラクになりました。そして眠っていて途中で少し起きそうになったときも、聞き慣れた音楽が流れていることですぐには泣き出さずに、安心して再び眠りにつくことができたようでした。

寝るのが苦手だったわが子を寝かしつけるのはとても苦労しました。さまざまな方法を試したなかで、この3つの方法はママも寝かしつけがラクで、赤ちゃんも快適に眠ることができたようです。ぐっすり眠れた後は機嫌もよく、私も少し休息が取れて親子共々すっきりしました。

著者:福山あかね

一男一女の母。元幼稚園教諭、元保育園勤務。第二子出産を機に退職。自身の体験をもとに、妊娠・出産・子育てに関する体験談を中心に執筆している。

抱っこしても泣く…わが子の寝かしつけがラクになった3つの方法 https://baby-calendar.jp/smilenews/detail/9749 Tue, 21 May 2019 10:30:00 +0900 9749
泣いている赤ちゃん


赤ちゃんとの毎日がもっとラクに、もっと楽しくなる。ベビーカレンダーは、そんな毎日を応援するコラムを絶賛連載中! 今回は、寝かしつけがラクになった方法をママに聞きました!

わが子は眠いのになかなか眠ることができず、抱っこしていてもぐずって泣いているようなことが多くありました。また、やっと寝ても熟睡できず、小さな物音でも反応してすぐに起きしまってまた泣く……ということを繰り返していました。今回は、そんなわが子の寝かしつけがラクになった3つの方法をお伝えします。

バランスボールに乗りながら抱っこする

バランスボール


子どもを抱っこしたままバランスボールに乗り、両足を床についたまま上下に弾んでいると、そのまますーっと眠りについてくれました。バランスボールに乗って一定のリズムで弾んでいると、揺れ具合が心地良い眠気を誘うようでした。


それまでは寝るまで家の中を歩き回ったり、ひたすらゆっくり揺らしていましたが、自分も体力を使って疲れてしまい……。バランスボールに乗って一定のリズムで弾むことで気分転換にもなるし、自分の運動にもなって一石二鳥でした。

関連記事:

ピックアップ

<ウソつきなママ友>「有毒なものばかり食べさせて」無添加食品の購入を勧めてくるママ友にたまらず…
<浮気トラブル>「どうか離婚だけは…」浮気夫との離婚話を義母が謝るも拒否。するとまさかの発言を…
「転勤族かわいそう」モヤモヤする妻。しかし考え方を変えると…?
「全部僕のせいなんです」母の言葉を遮りきっぱり言い切った夫。そばで悪口を聞いてしまった妻は?