運動できる子は学校のスター! 12才までに頑張れば運動神経は育てられる。

運動できる子は学校のスター! 12才までに頑張れば運動神経は育てられる。

足が速い、スポーツができるという子は学校のスター。
うちの子も、そんな運動神経のよい子になれば…という人は必見。
運動神経は育てられるんです!

昔からある外遊びが運動神経のよい子に

運動神経がいい子は、健康的で、スポーツを通していろんな友達ができたりと、悪いところなし。

特に、幼稚園や小学校に入学すると、運動神経のよい子、あまりよくない子に差がでてきます。

なかには「うちは夫婦ともに運動神経がよくないから…」とあきらめている人もいますが、ちょっと待って。

もちろん、遺伝による影響もないとは言い切れませんが、運動神経は経験を通して育まれるもの。

そこで、我が子を運動神経のいい子に育てる方法をまとめてご紹介します。

4~12歳の外遊びがカギに

スポーツ科学の視点で考えると、運動神経が向上するのは、4〜8歳のプレ・ゴールデンエイジと、9〜12歳までのゴールデンエイジの2回あるといわれています。

運動神経は、その名の通り「神経」がカギです。

だいたい神経系統は5歳までに80%成長し、12歳までに100%近く成長するとか。

その頃までいかに運動したかがポイント。

運動神経のよい、悪いは環境の影響が大きいとされています。

運動が得意な子とそうでない子の差は、幼い頃どういった遊びをしていたかが影響しており、運動が得意な子は、主に外で遊んでいることがわかりました。

そこで運動神経がよい子に育てるための、外遊びのコツを下記でご紹介します。

関連記事:

ピックアップ

実は楽しい「調査員」の仕事。スキマ時間にできる在宅ワークとしておススメ!
後悔しないために…。シングルマザーの仕事の探し方とは?
子どもを”安全”に”心配なく”留守番させるにはどうしたらいいの?
どうやって在宅ワークを探すの? 求人の探し方と悪徳業者の見分け方