【福島県】地元でおなじみの手土産も!_スイーツなかの MEETS ローカルおやつ

【福島県】地元でおなじみの手土産も!_スイーツなかの MEETS ローカルおやつ

スイーツなかのさんが、東京にある47都道府県のアンテナショップを巡って出会った、お土産にもぴったりのローカルおやつをご紹介します。今回は福島県のアンテナショップ「日本橋ふくしま館 MIDETTE」(日本橋)で手に入る、太郎庵の「会津の天神様 チーズ」、お菓子のみよしの「じゃんがら」、ダイオーの「いもくり佐太郎」の3品を選んでお届け!

【01】太郎庵の「会津の天神様 チーズ」



会津で長年愛されるチーズブッセ!





会津地方で誕生した「会津の天神さま」。昭和54年創業の太郎庵さんがオープン当初から手がけているお菓子で、会津出身の方なら一度は見かけたり、食べたことあるのではないでしょうか。商品名の会津天神とは、郷土玩具「張り子人形」のことで、学問の神として信仰される菅原道真公を祭ったものでもあります。パッケージに描かれた人形のイラストもかわいい!








袋を開けると、手のひらサイズのブッセが入っていて、チーズとバターを合わせたクリームを生地で挟んでいます。生地のふっくらとした食感がとっても心地よく、クリームをやさしく包んでいるようなつくりがナイスィーツ! 生地にはほどよい甘みがありますが、クリームには塩気があって、このバランスがとってもいい。全体が甘すぎないように作られているので、普段そこまでお菓子を口にしないような人にこそ、ぜひ食べてみてほしい!



太郎庵の「会津の天神様 チーズ」

1個166円



関連記事:

ピックアップ

【東京・横浜】食事と合わせて味わう「日本のシードルを飲める店」
【埼玉・長瀞(秩父郡)】長瀞 古沢園
【スマホでもっとスマートライフ入門】サブスク課金に注意!スマホアプリ整理術
【かき氷】老舗和菓子店が作る、“崖”のようなかき氷!目白「志むら」のインパクト大な“断崖絶壁風”かき氷