子どもを”安全”に”心配なく”留守番させるにはどうしたらいいの?

子どもを”安全”に”心配なく”留守番させるにはどうしたらいいの?

新年度になると、子どもたちにも新生活が始まります。
進学・進級・学童・習いごとなどでも生活のリズムは変わりますし、家族の誰かが新しい環境に移れば家で過ごす時間に変化が生じます。
そこで気になるのが子どものお留守番。皆さんは悩むことありますか?

お留守番をさせるのはどんなとき?

親が共働きなら、小学校低学年のうちは下校後は学童に……という流れが多いかと思いますが、上級生になるにつれて習いごとが増える、本人が学童に行きたがらなくなる、などさまざまな理由で「子どもだけのおうち時間」が多くなるのではないでしょうか?

また平日の小学生に限らず未就学児でも、「ゴミ出しに」「買い物に」「回覧板を届けに」などちょっとしたことで、親が不在になることがありますよね。

親としては「ほんのわずかな時間だし、意思疎通ができるようになったんだから小さくても大丈夫よね」と思いがちなのですが、「一人で留守番していた幼児がベランダから転落」「子どもたちだけの家から出火」なんていうニュースを見るにつけ、ぎゅっと胸を締め付けられます。

何歳からお留守番させている?

私の友人が以前住んでいたアメリカのカリフォルニア州では「12歳以下の子供の留守番は州の法律で禁止されている」と聞いていたので、私が子どもたちを家に残して出掛けなければならないときは「ところが変われば逮捕案件なんだ」と常に頭をよぎっていました。

ちなみにニュージーランドでは国の法律で「14歳未満は家でも車でも放置することは禁止」とされているとか。

中学2年生くらいまでNGなんですね。

日本においては今のところ留守番に関する法律はありませんが、だからといって何歳でも問題ないというわけではありません。

各家庭によって、暮らし方や考え方、価値観などが違うので一概にはいえませんが、「子どもが安全であること」が最優勢でなければならないですよね。

親が注意して防げること、子どもたち自身に気を付けてもらうことなど、この機会に再確認してはいかがでしょうか。

関連記事:

ピックアップ

実は楽しい「調査員」の仕事。スキマ時間にできる在宅ワークとしておススメ!
後悔しないために…。シングルマザーの仕事の探し方とは?
どうやって在宅ワークを探すの? 求人の探し方と悪徳業者の見分け方
運動できる子は学校のスター! 12才までに頑張れば運動神経は育てられる。