【婦人科医が回答】Q,40代の中絶が増えているというのは本当ですか?

【婦人科医が回答】Q,40代の中絶が増えているというのは本当ですか?

妊娠はとてもおめでたいことです。近年では、高齢出産も増えていますが、その一方でやむをえない事情で赤ちゃんを諦めなければならず、中絶を選択する方もいます。

姉妹サイト「ママニティ」の読者からの体や心、お金やくらしのことなど日頃の「気がかり」を解決するコーナーからお悩みをピックアップしました。
専門家やその道のプロが、問題を解決します。

今回はポートサイド女性総合クリニック ビバリータ 院長の清水なほみ先生にご回答頂きました。
ご相談内容はこちら!

40代の中絶が増えているというのは本当ですか?

40代の中絶が増えているというのは本当ですか?

何かのニュースか記事で「40代の中絶が増えている」という話を聞きました。
これは本当なのでしょうか。
高年齢での中絶は肉体的にも負担は大きのでしょうか。

妊娠総数に対して「中絶」を選択する割合は40代の方が高くなる

40代の中絶が増えているというのは本当ですか?

40代の妊娠件数そのものが少ないことと、中絶件数の総数はここ数年減少傾向であることから、一概に「40代の中絶が増えている」とは言えません。

2015年度の統計データでは、
40代後半の出生数:1,307人に対し、中絶件数は1,340人。
40代前半の出生数:53,261人に対し、中絶件数は16,368人。
30代後半の出生数:228,919人に対し、中絶件数が31,765人。

「件数」だけで比較すると、20代や30代の中絶件数が多いことになりますが、妊娠総数に対して「中絶」を選択する割合は40代の方が高くなるといえます。

40代の中絶の理由として挙げられるのは、

  • 高齢妊娠だから体力的に不安
  • 年齢的に子どもに異常が出るのが心配
  • もう子どもがいるからこれ以上は育てられない
  • 経済的に無理
  • などが多く、ほとんどが避妊に対する認識の甘さから発生するものです。

    関連記事:

    ピックアップ

    【無料占い】2021年10月の運勢◆今野そめの12星座占い
    R40|“おとな女子”がハッピーであるための5つの心得
    共感力がない夫に脱力! 妻が陥るカサンドラ症候群とは?
    誰かを頼れず無理ばかりしてしまうあなたへ【韓国エッセイ・試し読み】