「やっぱりイイ!」おむつもおもちゃも出し入れ簡単!子どもが成長しても使えるワゴン収納

「やっぱりイイ!」おむつもおもちゃも出し入れ簡単!子どもが成長しても使えるワゴン収納

子どもが生まれる前から、おむつやおもちゃなどの収納するスペースを考えていたママ。出産のため入院したときに、ワゴン収納の便利さに感動したママが出合った、IKEAのワゴンを紹介しています。子どもの成長に合わせて使い方も変えられてとても助かっているそうです。

妊娠8カ月ころから「おむつ、おしり拭きシート……収納どうしよう」と決まらないまま陣痛が始まり出産しました。その産院の部屋にはワゴンがあり、ワゴンひとつでおむつなど赤ちゃんのお世話に使う物が揃い、とても便利で使いやすく感動しました。家でもワゴンに収納したいと思い、購入したのがIKEAの「ロースコグ」。産院で使っていた収納のように使いやすいと感じたのでご紹介します。

購入理由~産院で実感!ワゴン収納の良さ

産院にあったワゴンは2段式。1段目には育児用ミルクと哺乳びん、哺乳びんの消毒用品一式、2段目にはおむつとおしり拭きシート、ビニール袋などが収納されていました。産後は授乳とおむつ替えの繰り返しで1日が終わっていたので、物がひとつにまとまっているのは助かりました。


そしてキャスターつきで動かすことができるので、使うときはベビーベッドの近くに持ってきて、使わないときは部屋の隅に寄せることができます。赤ちゃんを抱っこしながらワゴンを動かしたりおむつを出したりできるので、とても便利で家にも買おうと決めました。

わが家の「ロースコグ」! 中身は…

わが家の「ロースコグ」!中身は……


わが家の家具はIKEA製品が多いので、ワゴン収納もIKEAで探すことにしました。さまざまな大きさや形のワゴン収納がありましたが、私が購入したのはIKEAの「ロースコグ」。価格は4,990円(税込み)。豊富な色展開で、家のインテリアに合うピンクレッドが目にとまり、それに決めました。


ピンクレッドの「ロースコグ」はくすんだピンクで、わが家の雰囲気に合っています。3段式なので1段目に育児用ミルクなど授乳関係の一式、2段目におむつ、おしり拭きシート、ガーゼなど、3段目には肌着や洋服を入れて使っていました。

関連記事:

ピックアップ

嫁にセクハラを働いた実の父を警察に突き出すかどうか。夫の決断は #セクハラ義父 最終話
「気づかなくてごめんね…」あまり食べない生後9カ月の娘。離乳食が嫌いかと思ったら…
「結婚するなら仕事は…」彼とすれ違いかけたそのとき、背中を押したのは!?
「軽くてよかったじゃん」つわり中にかけられ、人知れず傷ついた言葉 #出産レポ描くってよ 4