私が体験したご近所トラブル~騒音・境界線・ゴミ出し・ペット~

私が体験したご近所トラブル~騒音・境界線・ゴミ出し・ペット~


ご近所さんとは上手におつきあいしていますか?

おうち時間が増えた今、近隣住民の騒音やマナーなどが原因でトラブルが増加していると聞きます。

私自身も都内の借家に住んでいますが、ご近所さんとは顔を合わせれば挨拶する関係なものの、トラブルがないわけではありません。

今回はそんなご近所トラブルを、私の実体験を交えて紹介したいと思います。

騒音トラブル:夜遅くまで家のまで遊ぶ子どもたち

ご近所近隣トラブル子どもの声深夜
去年の夏休みのこと。

コロナ禍で遊び場をなくした近所の小学生たちが我が家の前で遊ぶようになりました。

車が通らない奥まった場所なので、遊ぶのにはピッタリなのでしょう。

しかし、問題は時間!

なんと、昼すぎから20時過ぎまで遊んでいくようになったのです!!

我が家の前でなわとびやボール遊びをする小学生たち。

保護者はだれもいません。

しかも、どこの家の子なのか分からず。

私も何日かは我慢していたのですが、ついに寝かしつけの時間まで声がしたので、我慢しきれずに注意しました。

のちに、どこの家の子かわかりましたが、そこのママさんとはなんとなく気まずい雰囲気に。

子供たちが夜まで遊ぶことはなくなってよかったけど、なんとも後味の悪い結果になりました。

ちなみに他のお宅では、あまりの騒音に参って、自腹で二重窓にしたそうです。

お金があったらやってみたかった回避術です。

境界線トラブル:家の間にゴミを放置

ご近所近隣トラブル境界線ゴミ出しマナー

※実際の写真ではありません。イメージです。


我が家は隣の家と、かなり密接しているのですが、隣のお宅は、境界線上にゴミを置いています。

ゴミ出しの日に出してくれればいいのですが、ずっと置きっぱなしのゴミ。

長年放置されすぎて、「これってうちのゴミだっけ?」と記憶があいまいになってきました。

家が取り壊されるその日まで、このままのような気がします。

関連記事:

ピックアップ

【無料占い】2021年10月の運勢◆今野そめの12星座占い
R40|“おとな女子”がハッピーであるための5つの心得
共感力がない夫に脱力! 妻が陥るカサンドラ症候群とは?
誰かを頼れず無理ばかりしてしまうあなたへ【韓国エッセイ・試し読み】