妊娠中に作っておいてよかった!娘が夢中になった手作りおもちゃ【体験談】

妊娠中に作っておいてよかった!娘が夢中になった手作りおもちゃ【体験談】

2歳の娘さんを育てているママさん。妊娠中、生まれてくる娘さんのために何かしてあげたいと考えて、おもちゃを手作りした体験談を紹介しています。娘さんもとても気に入り、妊娠中におもちゃを作ってよかったと思ったそうです。

現在2歳になる娘を育てています。娘がおなかにいるときに、「生まれてくる大切な娘に何か特別なことをしてあげたい」という思いから、おもちゃを手作りしました。どのようなおもちゃを作ったのか、手作りおもちゃを見た娘の反応などについて紹介します。

生まれてくる娘のためにおもちゃを

妊娠していることがわかってから、おなかの中にいる娘のために何かできることはないか、考える日々を過ごしていました。一番に思いついたのが、おもちゃの手作り! 娘が生まれてからは毎日忙しくて、おもちゃを作る時間も体力もないだろうなと思い、妊娠中におもちゃ作りに取り組むことにしました。


赤ちゃんのおもちゃを調べながら、生まれてくる娘のことを考えるだけで幸せでした。赤ちゃんが喜ぶおもちゃの種類がたくさんあるなかで、どのおもちゃを作ろうかと計画するのが毎日楽しかったです!

音が鳴るガラガラ作りに決定

数ある赤ちゃんのおもちゃのなかで、ガラガラ作りにチャレンジすることに決定しました。私がこだわったのはおもちゃの素材選び。きれいに洗うことができて耐久性が高いフェルト生地でガラガラを作ることにしました。私は手先が器用なほうではないのですが、作り方はすべてオリジナル! 細かい作業もあるため、すべて手縫いで作っていくことにしました。


中には大きめの鈴と綿を入れ、柔らかいガラガラを作りました。鈴が外に飛び出してくることがないように、しっかりと縫い付けるように意識しました。形はウサギ型。早く元気な娘に会えますように!と願いを込めて作りました。

関連記事:

ピックアップ

嫁にセクハラを働いた実の父を警察に突き出すかどうか。夫の決断は #セクハラ義父 最終話
「気づかなくてごめんね…」あまり食べない生後9カ月の娘。離乳食が嫌いかと思ったら…
「結婚するなら仕事は…」彼とすれ違いかけたそのとき、背中を押したのは!?
「軽くてよかったじゃん」つわり中にかけられ、人知れず傷ついた言葉 #出産レポ描くってよ 4