ハチに刺された、蛇・マダニ・動物に噛まれたときの対処法。襲われないための注意点も

ハチに刺された、蛇・マダニ・動物に噛まれたときの対処法。襲われないための注意点も

ハチや蛇など、猛毒をもった危険な動物。万が一刺されたり噛まれたりした場合、正しい対処法を知らなければ、命を落としてしまう可能性もあります。

それだけでなく、犬に噛まれたり猫に引っかかれたりと、一見すると危険性の低い動物によって傷つけられた場合も、感染症などに気をつけないといけません。この記事では、動物に噛まれたり刺されたりした場合の対処法について解説します。


動物に傷つけられた際の共通の対処法

まずは、動物に傷つけられた際の共通の対処法を把握しておきましょう。大前提として、動物の歯は種類を問わず、非常に不潔なことが多いです。特殊な病気のみならず、一般的な感染症などのリスクもあります。

動物に傷つけられたときは、石鹸を使って傷口をよく水洗いします。どんなに小さな傷であっても油断せず、できる限り早く対応しましょう。傷口だけでなく、動物の唾液のついた箇所もしっかりと洗い流したら、最後に清潔なガーゼを当てて包帯をします。

ですが、これはあくまでも応急処置に過ぎません。動物による傷口は化膿しやすく、動物由来感染症のリスクもあるため、しっかりと医師の診断を受けることが大切です。


ハチに刺されないための注意点と、刺された際の対処法

動物による被害のなかでも、極めて危険なのがハチです。ハチに刺されると、強烈な痛みや腫れに襲われます。場合によっては呼吸停止や心停止の状態になり、亡くなってしまう可能性も。アナフィラキシーショックは2回目の被害で発生しやすいと言われていますが、初回の被害で命を落とす例も少なくありません。

ハチの多い夏場などは、外出前にしっかりと対策を。ハチは黒い色や強い匂いに反応するため、服装や香水、化粧品、整髪料などに注意します。子どもに対しても、ハチの巣に近づいたりハチに攻撃したりしないよう、よく言い聞かせてください。

万が一ハチに襲われたら、一刻も早くその場から逃げましょう。スズメバチが追いかけてくる距離は、巣から10〜50メートルと言われています。逃げるときに慌てたり暴れたりすると、攻撃の意思を持っているとみなされて逆効果です。姿勢を低くし、黒髪の人は色を隠すために、頭を手で覆います。

ハチに刺されてしまったときは、傷口をよく洗い流し、手やポイズンリムーバーといった器具でハチの毒を絞り出します。口で毒を吸い出そうとすると、口内から毒が吸収されてしまうため、くれぐれも行わないようにご注意を。
ミツバチに刺された場合は針が残るので、先に針を抜きましょう。傷口には、副腎皮膚ホルモンの含まれた虫刺され用の抗ヒスタミン軟膏を塗ります。同時に救急車を呼び、早めの治療を受けてください。


関連記事:

ピックアップ

南海トラフ地震って何?日本の人口の半分にかかわる巨大地震の被害
森林の課題解決と災害時の助けとなる薪の備え「備蓄木プロジェクト」<後編>
森林の課題解決と災害時の助けとなる薪の備え「備蓄木プロジェクト」<前編>
学んで教える防災教育