リハビリの急性期、回復期、維持期(生活期)、終末期ってなに? 詳しく教えて!

リハビリの急性期、回復期、維持期(生活期)、終末期ってなに? 詳しく教えて!

維持期(生活期)・終末期のリハビリとは

維持期(生活期)・終末期のリハビリとは

編集部

回復期の次の維持期(生活期)では、どのような種類のリハビリを受けられますか?

杉浦さん

維持期(生活期)は、自宅の場合と施設などで迎える場合で分けられます。自宅でリハビリを受ける場合は、通所リハビリやデイサービス、訪問リハビリなどを利用したり、医療機関の外来リハビリを利用したりします。他方、施設の場合は、施設のスタッフがリハビリをおこなうことになります。

編集部

生活期では、具体的にどのような内容のリハビリをしますか?

杉浦さん

急性期や回復期のリハビリで獲得した能力を、実際の生活場面で使うためのリハビリや、能力を維持していくためのリハビリをおこないます。基本的な訓練をはじめ、最近では活動や参加に焦点を当てたリハビリをおこなうことも重要視されています。調理や洗濯、買い物、公共交通機関を利用した外出訓練、趣味活動など、その人の生活に合ったリハビリ内容を提供します。

編集部

最後の段階である終末期は、どのような時期なのでしょうか?

杉浦さん

終末期とは、「老衰や病気、障がいの進行によって死に至ることを回避する方法がなく、余命が少なくなっている時期」とされています。

編集部

終末期でも、リハビリをするのですか?

杉浦さん

もちろん、終末期にリハビリをおこなう場合もあります。ただし、前の3段階とは異なり、終末期のリハビリでは、治療よりも残された生活を心穏やかに過ごしてもらうことを優先とします。体や心の痛みをとる緩和ケアやその人らしい生活を送るお手伝いなどをおこないます。

編集部まとめ

リハビリには、急性期、回復期、維持期(生活期)、終末期とステージが分けられているとのことでした。リハビリといっても色々な種類があり、それぞれの時期に適したリハビリ内容・役割があります。次のステージにバトンタッチして、その人らしい豊かな生活を送る支援ができるような工夫がなされていました。

現在地近くの病院を探す

関連記事:

Medical DOC
Medical DOC
Medical DOC(メディカルドキュメント)は800名以上の監修ドクターと作った医療情報サイトです。 カラダの悩みは人それぞれ。その人にあった病院やクリニック・ドクター・医療情報を見つけることは、簡単ではありません。 Medical DOCはカラダの悩みを抱える方へ「信頼できる」「わかりやすい」情報をお届け致します。
Medical DOC(メディカルドキュメント)は800名以上の監修ドクターと作った医療情報サイトです。 カラダの悩みは人それぞれ。その人にあった病院やクリニック・ドクター・医療情報を見つけることは、簡単ではありません。 Medical DOCはカラダの悩みを抱える方へ「信頼できる」「わかりやすい」情報をお届け致します。

ピックアップ

胸部、頭部のCT検査、保険適用はどこまで?
形成外科はどんなときに受診するの? 大学病院と民間医療機関の違いは?
それ老眼ではないかも!? 白内障にも似た「黄斑前膜」という病気
糖尿病で失明の危険性が!? 「糖尿病網膜症」ってどんな病気?