不良役がドはまりしていたと思う30代の俳優ランキング

不良役がドはまりしていたと思う30代の俳優ランキング

若手俳優が演じることの多い不良役。特に学園ドラマでは、クラスに2~3人は必ずといっていいほど登場し、中には不良をメインにした作品も少なくありません。そこで今回は、不良役がはまっていたと思う30代の俳優が誰なのかについてアンケートを行い、ランキングにしてみました。

1位 市原隼人
2位 赤西仁
3位 亀梨和也(KAT-TUN)
4位 小栗旬
4位 山田孝之
6位以降のランキング結果はこちら!

1位は「市原隼人」!

「市原隼人」
2003年放送の『ヤンキー母校に帰る』、2008年放送の『ROOKIES』(共にTBS系)と不良の高校生役を演じてきた市原隼人が1位にランク・イン。鋭いまなざしが印象的で、パッと目を引く中心人物として圧倒的な存在感を放ってきました。一見、喧嘩っ早くて手の付けられない不良少年でありながらも、実は人情味あふれる役どころも多く、瞳の奥に優しさを秘めた目の演技が光っていましたね。

2位は「赤西仁」!

「赤西仁」
2005年放送の『ごくせん(第2シリーズ)』(日本テレビ系)で、当時同じグループに所属していた亀梨和也とコンビで出演し脚光を浴びた赤西仁が2位に選ばれました。襟足長めの茶髪に学ランという出で立ちでしたが、甘いマスクも手伝ってどこかおしゃれな雰囲気に。昔ながらのちょっとダサい不良のイメージを覆すものがありました。昨年12月に同作が再放送され、不良役の印象を再び呼び覚ましたことも上位にランク・インした理由の一つかもしれません。

関連記事:

ピックアップ

完結する気がしない長編漫画ランキング
異性が方言を使うと色気を感じる都道府県ランキング
美意識が高いと思う若手ジャニーズランキング
超エリート!?実は親が政治家・官僚と知って驚く有名人ランキング