食べる点滴「塩キウイ」で熱中症予防!すぐに真似できる簡単レシピ

食べる点滴「塩キウイ」で熱中症予防!すぐに真似できる簡単レシピ

マスクが欠かせない今、暑い夏に心配されるのが熱中症。そこで、 “食べる点滴” といわれている「塩キウイ」の簡単レシピをご紹介。熱中症予防に必要な水分とミネラルを、一緒に補給できるお助けアイテムです。「塩キウイ」を食べて、暑い夏を乗り切りましょう。

夏にピッタリ!簡単でおいしい「塩キウイ」レシピ

※画像はイメージです

マスク着用が習慣化していますが、これから訪れる熱い夏は熱中症が懸念されますよね。特に今年の夏は猛暑が予想され、早めの熱中症対策が大事なのだとか。

そこでお助けアイテムとして最適なのが、 “食べる点滴” といわれている「塩キウイ」。名前のとおり、キウイに塩を加えただけものですが、熱中症対策に必要な水分とミネラルを一緒に補給できる万能スイーツなんですよ。

塩キウイが “食べる点滴” と言われるわけとは?

そもそも塩キウイはなぜ “食べる点滴” といわれているのでしょうか。

キウイには、熱中症対策に必要な5つの栄養素「糖、カリウム、マグネシウム、カルシウム」が、バランスよく含まれています。これに塩を加えると、点滴と同じ成分になるといわれているんですよ。

この記事では、夏にピッタリの簡単でおいしい「塩キウイ」レシピをふたつご紹介します♪

1. キウイ塩飴

シャリシャリ感を楽しめる「キウイ塩飴」は、手軽に熱中症予防ができるのでおすすめ。ご家庭で子どもと一緒に作るのも楽しいですよ。

見た目がかわいいので、SNS映えバツグン。目でも楽しめるスイーツです。

材料

・グリーンキウイ……1個(可食部100g)
・サンゴールドキウイ……1個(可食部100g)
・塩……0.5g〜1g
・砂糖水……砂糖50g、水大さじ1/2杯

作り方

1. キウイは冷凍する。凍ったキウイを流水に30秒ほどさらし、ヘタを切り落として皮をむく。

2. 切れるくらいの硬さになったら、十字に包丁を入れて4等分にし、竹串を刺す。

3. フライパンに砂糖水を入れてよく混ぜ火にかける。途中混ぜずに泡が均一の大きさに沸騰し、とろみがつくまで加熱する。

4. 2を3にくぐらせ、仕上げに塩を軽くふる。(フライパンを少し傾けると絡ませやすいですよ)

※キウイが冷凍されているので、飴が一瞬で固まり、すぐに食べられます。キウイのシャリシャリ感があるうちに食べるのがおすすめ。

ピックアップ

がっつり食べたい週末の晩酌に!おうちで手軽な焼き肉レシピ4選
360度バラに囲まれる!千葉・京成バラ園で「オータム ローズ ガーデン パーティー」が開催
オンラインで買える2021年「クリスマスケーキ」まとめ。ピエールマルコリーニやヴィーガンケーキまで
熱湯30秒で作れるカツ丼!? Twitterで18万いいね、未来的すぎる「フリーズドライの匠」を入手