コロナで見つけたひとり時間の楽しみ!ひとりアフタヌーンティーやリセット泊など、幸せなソロ活を楽しむ4人

コロナで見つけたひとり時間の楽しみ!ひとりアフタヌーンティーやリセット泊など、幸せなソロ活を楽しむ4人

今コロナ禍でひとりで過ごすことが上手になり、世の中もひとりに優しくなった今、ひとりでの食事やお出かけもスタンダードに。そこで、読者のソロ活事情や幸せなソロ活を楽しんでいる4名に素敵な“ひとり時間”の楽しみ方を紹介してもらいました。ぜひ参考にしてひとりで過ごす時間をポジティブに楽しんでみては。

ひとりアフタヌーンティーやリセット泊など、幸せなソロ活を楽しむ4人のアイデア



【ラグジュアリーホテルでリセット泊/ホテル椿山荘東京】美しい朝日を眺めながら絶品朝食を堪能





写真/(上)ホテル椿山荘東京施設画像、(下)@08cheer12_foodさん

まずご紹介するのは、@08cheer12_foodさんのリフレッシュステイ。
訪れたのは、四季を感じる広大な庭園と東京の景色を望むラグジュアリーホテル「ホテル椿山荘東京」。春は桜、秋は紅葉と四季折々に美しい表情を見せる広大な庭園があるのも魅力。国内ホテルランキング上位、米国格付け誌4スターの評価を得ている格式高いホテルで、今回@08cheer12_foodさんは、“静かにゆっくり過ごせる場所”としてこちらのホテルを選んだという。

「庭園はもちろん、芸術品を楽しみながら館内を散歩するのもホテル椿山荘東京ならではの楽しみ方。お部屋は広々としていながら温かみもあり、リラックスして過ごせます。普段は賑やかなエリアに近いホテルを選ぶことが多いので、よい機会になりました!」と@08cheer12_foodさん。ヨーロピアンクラシックにジャポニズムのエッセンスを取り入れた、上品な内装の客室は、優雅でリッチな気分に誘ってくれる。

コロナ禍ということで、今回朝食はアメリカンブレックファストのルームサービスを味わったという。
「お部屋でひとり、きれいな朝日をみながらおいしい朝食をいただく贅沢な時間…とても幸せでした。ホテルの朝食ビュッフェが大好きなのですが、ルームサービスでの朝食はコロナ禍で見つけた贅沢で幸せなひとり時間です!」とのこと。

「ひとりでのホテルステイの魅力は、自由に過ごせること。部屋ではおうちのようにリラックスするのも、日常とは違う素敵な時間を過ごすのも思いのまま。食事やティータイムも、ホテルではひとりでゆったりと楽しみやすく感じます。スタッフの方々との会話を楽しめるのもひとりでのステイならではの魅力だと思います」(@08cheer12_foodさん)。



関連記事:

ピックアップ

ホテルニューオータニに“ムダ0(ゼロ)”のZENBとのコラボメニューが登場!グランシェフ中島氏監修【サステナブルチャレンジ】
NEAL’S YARD REMEDIES(ニールズヤード レメディーズ)のクリスマスコフレ2021!聖なる香り・フランキンセンスなど限定キット
【日本橋・八重洲・京橋】歩いて楽しむ写真展「T3 PHOTOFESTIVAL TOKYO」開催。周辺カフェも紹介
【大阪府】おなじみのせんべいや“えっ?”と驚く意外なお菓子も!