海・川で起きる水の事故【海編】

海・川で起きる水の事故【海編】

新型コロナウイルスの感染拡大が始まってから、三密を避けられるとして、海や川、山などアウトドアでのレジャーの人気が高まっています。特に夏は川や海などに出かける機会も増える季節でもあります。しかし、自然の中だからこその危険もあります。
川や海で起こりやすい事故や災害のリスクと対処法を知った上で、レジャーを楽しみましょう。


「大人だから」と安心してはいけない水による災難

警視庁生活安全局生活安全企画課が発表している、「令和2年(2020年)夏期に置ける水難の概況」によると、過去5年間(2015年〜2020年)の夏期(7月〜8月の2か月間)における水難の発生状況は、発生件数、水難者数ともに平成28年(2016年)を境に減少していましたが、新型コロナウイルスの感染拡大が始まった最初の夏となった2020年には水難の発生件数は前年対比で43件増の504件、水難者は前年対比で22名増加の616人と増加に転じています。
都道府県別の水難発生状況では、一番多いのは千葉県、ついで静岡県、愛知県、沖縄県となっています。

注目すべきなのは、年齢層別の水難者数です。水難者数616人のうち、中学生以下の子どもは101人で全体の約16%程度だということです。
水の事故というと、子どもが遊びに夢中になるうちに、いつの間にか水深の深いところに行ってしまって溺れるようなイメージがある方も多いかも知れませんが、実際には水の事故にあった約84%が高校生以上の大人なのです。
さらに、子どもの水難者数101名のうち死者・行方不明者は16人で約16%、高校生以上の大人の水難者数515人のうち死者・行方不明者は246人で、大人になると水難にあった人の半数近く、約48%が死亡事故に至っているのです。
子どもを救助して大人が命を落としてしまったというケースもありますが、水による事故は決して「大人だから大丈夫」と油断してはいけません。


水による事故の多くは海で

警視庁生活安全局生活安全企画課が発表している、「令和2年(2020年)夏期に置ける水難の概況」から、水による事故は、どのような場所で、どのようなことをしている時に起こるのかも見て取ることができます。水難が発生した場所別に見ると、一番多いのは海です。2020年の水難者半数以上、約54%が海で発生しています。ついで多いのが河川で、35.9%。さらに、湖沼池、用水路(ともに4.7%)、プール(0.6%)と続きます。
この発生割合は、2020年に限った事ではなく、ほぼ毎年、夏期には海と川での水難が他の場所よりも突出して多く発生しているのです。
どのようなことをしている時に、水による事故が発生しているのでしょう。水難者数を行為別に見てみると、一番多いのが水遊びで約24%。ついで魚とり・釣り(約21%)、水泳(約14%)、作業中(4.2%)、通行中(5.4%)、ボート遊びやシュノーケリングなどの様々なマリンスポーツ中の発生も見られますが、水難救助活動は約3%程度です。
水による事故は、大人自身が、海や川で水遊びや魚とり、釣りをしているときに発生しているということが、こうしたデータからもわかってきます。


関連記事:

ピックアップ

南海トラフ地震って何?日本の人口の半分にかかわる巨大地震の被害
森林の課題解決と災害時の助けとなる薪の備え「備蓄木プロジェクト」<後編>
森林の課題解決と災害時の助けとなる薪の備え「備蓄木プロジェクト」<前編>
学んで教える防災教育