大人のマネーリテラシーとは?~私たちに必要なお金の知識~ #FPの家計塾

大人のマネーリテラシーとは?~私たちに必要なお金の知識~ #FPの家計塾

みなさんは、お金のことに詳しいですか?
この質問に、自信をもってハイと返答する人は決して多くないだろうと思います。
お金については、幅広い専門性が必要で理解するのが難しいというイメージを持つ方が多いようです。
しかし、やはりお金の知識は持っていてほしいと思います。
なぜ私たちは、お金に関する知識が必要なのでしょうか。また何を知っていると良いのでしょうか。今回は、大人が知っておきたいマネーリテラシーについてみていきます。

マネーリテラシーとは?

(画像出典)PIXTA

私たちの生活にはお金が深く関わっていて、生涯に渡りお金とつきあっていかなくてはなりません。そのために、金融・経済の知識は生活スキルとして必要です。
マネーリテラシーとは、自分のお金のことを自分で判断できる力のこと。収入と支出のバランスを取れること、税金や保険制度について理解していること、貯める・増やすという資産形成をすることもマネーリテラシーです。

なぜマネーリテラシーが必要なのか

(画像出典)PIXTA

2022年から、高校の授業に「金融」が組み込まれることになりました。日本の教育にお金が取り上げられるのは初めてのことです。
これはもちろんマネーリテラシーの向上が目的ですが、それはここ30年ほどで日本の社会や経済状況が変化して、私たちの暮らしを取り巻く環境が大きく変わったことに起因しています。

例えば、

  • 人生80年時代から人生100年時代になり、長くなった人生の分、必要なお金が増えた
  • 終身雇用制が崩れ、定年まで勤め続けて退職金を貰って老後を自適に過ごす、という将来設計が描きにくくなっている
  • ゼロ金利時代が続き、預貯金の金利で資産を殖やすことができない
  • 振り込め詐欺などの特殊詐欺が増え、金融知識がないと騙されやすい

といった変化が挙げられます。
少しまえの人生計画や資産形成術が役立たなくなり、国や会社といった他力を頼るのではなく自らの金融知識をもってしか身も守れなくなってきています。

金融庁の指針

金融庁の「金融経済教育研究会」は、最低限知っておきたい金融知識をまとめたリテラシー・マップを発表しました。8分類15項目に分けたそれぞれについて、身につけておきたい知識レベルを年代別に具体化したものです。
そのテーマをかいつまんで挙げてみると、

  • 家計の収支管理が適切にできる
  • 金融取引の基本を知っている
  • クレジット、ローンの注意点がわかる
  • 自分に必要な保険を考えることができる
  • 住宅ローンなどの返済計画を立てることができる
  • 資産形成のための商品で高リターンを求めると高リスクが伴うことを理解できる

などがあります。
意外とハードルが高い、と感じる人が多いのではないでしょうか。

参照:金融庁 金融リテラシー・マップ
https://www.shiruporuto.jp/public/data/lecture/literacy/pdf/map.pdf

関連記事:

ピックアップ

アーモンド入りでしっとり!キャロットケーキのレシピ
ビールや泡盛飲み放題!「ホテルWBFアートステイ那覇」が2,900円~
沖縄・那覇空港のおすすめ土産5選!コレを買えば外さない!
子どもの歯磨きは1日何回がベスト?#歯科衛生士の教室