水分補給だけじゃない!?猛暑を乗り切る熱中症予防&対策とは?

水分補給だけじゃない!?猛暑を乗り切る熱中症予防&対策とは?

全国で梅雨が明け、一気に酷暑の夏が到来! 本格的な暑さに体が慣れていないこの時季は、特に熱中症に要注意。炎天下で長時間過ごしたり、激しい運動をしたりしていないのに、熱中症になることも。熱中症の予防や対策について、ニホンドウ漢方ブティック薬日本堂 青山店の薬剤師・漢方相談員、岸直美さんに教えてもらった。

熱中症が起こるのはなぜ?

そもそも熱中症が起こるのは、脱水が大きな原因の一つ。体温が上がると汗をかくことで皮膚の表面を冷やして体温を下げるけれど、大量の汗をかいて体内の水分を失ってしまうと、汗をかけないために体温が下がらず、熱中症になるというわけ。

脱水状態が続くと、全身倦怠感、吐き気、嘔吐、頭痛などの症状が出ることに。また、汗には電解質も含まれているため、汗をかくと体内の水分だけではなく電解質も失われる。電解質の中でも特に筋肉の収縮を調整する塩分を失うため、脚がつったり、手がこわばったりすることも。

そこで、熱中症予防のカギとなるのが、水分と塩分を補給して、脱水状態にならないようにすること。
「炎天下で運動したり、出歩いて汗をたくさんかいたりしたときは、塩分が含まれているスポーツドリンクを利用するのがいいでしょう。ただし、スポーツドリンクには糖分も含まれているので、日常的な水分補給はお茶や水が基本です」(岸さん)

熱中症を予防する水分補給&生活習慣とは?

熱中症予防のために重要な水分補給だけど、摂り過ぎによる悪影響も。
「水分を摂り過ぎると胃液が薄まって消化機能が低下し、食欲が落ちます。また、冷たい飲みものを摂り過ぎると、水分代謝のバランスが崩れ、食欲不振のほか、むくみや冷えを引き起こすことも。お腹からチャポチャポと音がしたり、水分を摂ったあとに胃が重く感じられたりするときは、水分過多の傾向があるかもしれません」(岸さん)

特に一気に大量の水分を摂ると、うまく吸収できずに胃腸に負担がかかるそう。そこで、水分補給の際には、“少量をこまめに”を心がけて。また、常温のほうが体内に吸収されやすいそう。

「熱中症を予防するには、水分や塩分補給のほか、食事や休養も大切です。キュウリ、ゴーヤ、冬瓜、スイカ、メロンなど、夏が旬の野菜や果物の多くは、余分な熱を逃がし、体を内側から冷やす働きがあります。さらに余分な水分を排出する働きがある食材も多いので、暑さや湿気対策として、積極的にとり入れましょう」(岸さん)

特にスイカは体の熱を冷ます働きが強いので、夏バテの症状があるときにもおすすめだそう。

関連記事:

ピックアップ

銀座の“もう一口食べたくなる”焼肉とは?最上牛焼肉Coco Nemaru Ginzaを実食レポート
【サステイナブルSTORY】KURKKU FIELDSのCHARCUTERIEの岡田修シェフが語る。害獣のジビエをおいしく食べて、捨てるを減らす
ラグジュアリー石焼き芋も。秋味アフタヌーンティービュッフェ「オータム・スイーツ・コレクション」ザ・リッツ・カールトン大阪
ローカルが溺愛するソウルフード!「盛岡三大麺」を訪ねる夏の岩手旅/岩手県・盛岡市