【厚生労働省が発表】モデルナ社製ワクチン の接種可能年齢を12歳以上に拡大へ

【厚生労働省が発表】モデルナ社製ワクチン の接種可能年齢を12歳以上に拡大へ

厚生労働省は、モデルナ社製の新型コロナワクチンの接種が可能な年齢を現在の18歳以上から12歳以上に拡大することを決めました。これにより、今よりも多くの人がワクチンを接種できるようになります。今回は、モデルナ社製ワクチンの接種可能年齢の引き下げについて、中島先生に詳しくお伺いします。

中島 由美 医師

監修医師:
中島 由美 医師

金沢医科大学医学部卒業後、同大学病院にて小児科・内科として研修を積む。その後は複数の病院で内科医や皮膚科医として勤務。2018年より福岡市中央区に「国を超えた新しい形の医療を提供」をコンセプトに、クリスタル医科歯科クリニックを歯科医師である夫と開院。

今回の発表の詳細は?

モデルナ社製ワクチンの接種可能年齢の引き下げについて、詳しく教えてください。

中島先生

アメリカの製薬会社モデルナ社が開発した新型コロナワクチンの接種可能年齢を、18歳以上から12歳以上へ拡大することを厚生労働省が発表しました。ファイザー社製の新型コロナワクチンは、すでに12歳以上へ引き下げられています。

モデルナ社製ワクチンの薬事承認がされたのは今年の5月です。その時点では、17歳以下が接種した際の有効性や安全性に関するデータが不足していたこともあり、接種可能年齢を18歳以上に定めていました。

その後、アメリカで12~17歳の約3700人を対象に行われた治験により、有効性や安全性を確認できたため、モデルナ社製ワクチンの流通に関わる武田薬品工業を通じて厚生労働省に治験データが提出されました。

その後、審査は問題なく終了し、モデルナ社製ワクチンの接種可能年齢を12歳以上に拡大することを決めました。

12歳以上であれば誰でも自由に接種できる!?

モデルナ社製ワクチンは、12歳以上であれば誰でも自由に接種できるようになるのでしょうか?

中島先生

厚生労働省は、接種が可能な年齢に12歳から17歳を新たに加えることを決め、7月19日、専門家部会で報告しました。近く、公的な予防接種の対象に追加して自治体に通知される方針です。

また、ファイザー社製の新型コロナワクチンに関しては、16歳未満が接種する際に保護者の同伴が必要となっています。また、中学生以上に関しては、保護者の同意を予診票上で確認できれば、保護者の同伴は不要です。

接種可能年齢の引き下げが実行される際には、接種の受け方や対象者について発表があるでしょう。各自治体や厚生労働省の発表を随時チェックしておくことが大切です。

関連記事:

ピックアップ

初回から「オンライン服薬指導」恒久化へ
社会生活技能訓練(SST)ってなんですか? 具体的に何をするの?
「いま私、人生2回目の矯正中です」眞鍋かをりと考える、生活の質を上げる歯科矯正
厚生労働省がワクチン3回目摂取を容認、医療従事者は早ければ12月にも